糸の太さを表す単位「番手」とは?

糸の太さを表す単位「番手」とは?

2024.02.09 | Other

衣類やタオルなどの日用品の糸を使った商品でたまに目にする「番手」という文字。 「20番手」「40番手」「100番手」など、番手の前につく数字も様々。そもそも番手って何?と思いながらお買い物をしていませんか。 この記事では、糸の太さを表す「番手」についてご説明します。   糸の太さを表す「番手」とは? 綿番手は、重さ1ポンド(453.6g)あたりの長さが840ヤード(768m)の長さの糸が「1番手(いちばんて)」と定められています。重さが1ポンド当たりの長さで番手が決まり、例えば、1ポンドの重さで1680ヤードの長さとなるものを2番手(にばんて)と言います。 つまり、2番手の糸は、1番手の糸よりも軽い(細い)糸ということになります。このように、一定の重さに対して、どれだけの長さになるのかで糸の太さを表す方式のことを「恒重式番手」と言い、数字が大きくなるほど糸は細く、数字が小さいと太い糸ということになります。 一般的なタオルのパイルは20番手で織られている事が多いと言われており、タオルの糸は、1ポンド(453g)当たり16,800ヤード(15,360m)の太さの糸になります。   タオルにはどんな糸が使われている? タオルは「緯糸(よこいと)」「地経糸(たていと)」「パイル経糸(たていと)」の3つの糸からできています。     「緯糸(よこいと)」タオルを縦長に置いた時、横方向に通っている糸のことを言います。 「地経糸(じたていと)」タオルを縦長に置いた時、縦方向に通っている糸のことを「地縦糸(たていと)」と言います。生地の長さは、この地経糸の長さで決まります。 「パイル経糸(たていと)」風合いや柔らかさを感じる最も重要なパイル(生地の表面に並んでいる丸いループ状の毛足の糸のこと)の糸です。パイル以外の一般的な生地は、経糸と緯糸の二つの糸で構成されていますが、パイル生地はそれにこのパイル経糸を織り込んで作られています。   合わせて読みたい:タオルの肌ざわりを左右する「パイル」って何のこと?   Wellisのタオルは「40番手」の細い糸を採用。パイルの数へのこだわりも   Wellisタオルのパイル経糸には40番手の繊細で細い糸を採用しています。一般的なタオルのパイルは20番手の糸で織られていることが多いですが、Wellisはその半分の糸の細さで織られています。 また、Wellisはパイル部分だけでなく、緯糸と地経糸で形成されているグランド部分にも40番手の糸を採用しています。(ヘム・耳を除く) それは、肌に直接触れるパイルの打ち込み数を増やし、吸水性を高めることと肌への優しさを考えたからです。また、15mmというロングパイルにもこだわり、その結果Wellisのタオルはパイルの割合が全体の74%を占めています。  Wellisのタオルは40番手の繊細な糸をパイル、グランドどちらにも採用することで、パイルの数が多く、通常のタオルよりも綿の使用量が多いにも関わらず、軽やかで肌ざわりも良く、吸水性の高いタオルを実現しました。 糸の素材そのものに何を採用するかも重要ですが、その糸の細さがタオルのボリュームや風合いにも関わるので、どの番手の糸を採用するかもとても重要なのです。   合わせて読みたい:肌や身体のことだけでなく環境にも配慮したWellisの素材へのこだわり  

もっとみる
Wellisがタオルの「ヘム」と「耳」、細部にまでこだわる理由

Wellisがタオルの「ヘム」と「耳」、細部にまでこだわる理由

2024.01.23 | Other

毎日使っているタオル。 そんなタオルに「ヘム」と「耳」という名称があるのを知っていますか?  この記事では『優しく美しい肌ざわり』をタオルの隅々まで感じていただける、Wellisのこだわりをお伝えしながら、タオルの「ヘム」と「耳」についてご説明します。   「ヘム」と「耳」ってタオルのどこのこと? タオルを横長に置いた時の左右の両端を縫製している部分が「ヘム」、タオルを横長に置いた時の天と地の縫製部分が「耳」と言います。  ヘムには、タオルの端がほつれるのを防止する重要な役割があり、ヘムの縫製処理がきちんとされていないと洗濯時にほつれが生じることも。タオルの強度に関わる重要な部分で、タオルの寿命も大きく左右されます。  一般的にヘムは生地を織り重ねて縫うことで作られていて、ヘムに長さをもたせたり、ヘムを利用して刺繍を施したり、ブランドロゴなどのタグを付けたりとデザイン性を持たせることもできます。   合わせて読みたい:糸の太さを表す単位「番手」とは?   Wellisタオルの「ヘム」と「耳」へのこだわり。 Wellisではタオルのどの部分が肌や髪に触れても、柔らかくて優しい肌ざわりを感じていただくために、「ヘム」と「耳」にこだわりました。  ヘムには余計な装飾をせず“タオルの強度を保つ”というヘムの役割を果たせるギリギリのラインまで細くしました。ヘムが肌に触れる面積を極限まで減らしたことで、ヘムが肌に当たりづらく、パイルの柔らかさを肌全体で感じていただけます。 また、パイルがしっかり肌や髪に触れるので、吸水力の高さも実感いただけます。  タオルハンカチの「ヘム」と「耳」には特殊なミシンを使って縫製するメロウ巻きという縫製を採用し、耳部分を3mmと極限まで細くしました。タオル同様に「ヘム」と「耳」が肌に当たりづらいため、手を拭く際にパイルの肌ざわりをたくさん感じていただけます。  是非一度、『優しく美しい肌ざわり』をタオルの隅々まで感じていただけるWellisのタオルを体感してみてください。

もっとみる
タオルの肌ざわりを左右する「パイル」って何のこと?

タオルの肌ざわりを左右する「パイル」って何のこと?

2023.11.15 | Other

よく耳にする「パイル」。 タオル以外にも、様々な衣類に採用されていて、誰でも一度は聞いたことがある名前。パイル生地のタオルは、タオルの中で最もポピュラーで、ふわりとした優しい肌ざわりと高い吸水性が特徴です。 この記事では、パイルの特徴についてご紹介します。 パイルとは?  パイルとは織り方の種類のことで、生地の表面に並んでいる丸いループ状の毛足の糸のことを指しています。丸いループは英語でパイル(pile)と呼ばれていることから、日本でもパイルと言われるようになりました。 パイルには大きく「ループパイル」と「カットパイル」の2種類があります。 毛足が輪っか状態につながっているものを「ループパイル」 毛足の輪っかを平らに切り揃えたものを「カットパイル」 「ループパイル」はパイル生地と呼ばれています。よく目にするタオルの生地がこのパイル生地で作られています。パイルが長ければ長いほど、柔らかくて肌ざわりが良いと言われていて、ループの一つひとつがしっかり水分を絡めとってくれるので、吸水性が高いのが特徴です。 また、ループが空気の層をつくり出してくれるので、保湿性が高まり、パイルの長さや糸の太さ、生地の厚みなどを変えることで、保温性を調整することができます。パイルの特性を生かして、シーズンに合わせてタオル以外にも様々なパイル生地の製品が生まれています。 「カットパイル」はシャーリング生地と呼ばれています。パイル生地にひと手間加えることで、出来上がるシャーリング生地は、肌ざわりが滑らかなのが特徴です。表面の凹凸が少なく、タオル全体にきれいにプリントを施せるため、プリントタオルなどに多く採用されています。   Wellisは15mmのロングパイルを採用しています 肌と直接触れ合うパイルだからこそ、肌への優しさを考えたWellis。Wellisのタオルはパイル生地(ループパイル)で作られています。優しさを叶えるには、ロングパイルと甘撚り糸が必要でした。甘撚り糸はとても繊細なので糸が切れないように織るのがとても難しく、そのうえ、ロングパイルを実現するには泉州の熟練の職人技術でなければ織ることができませんでした。 試行錯誤を重ね、細い甘撚糸で織り密度をあげることに成功し、パイルの数を増やすだけでなく、パイルを15mmと限界まで長くすることにも成功しました。また、一般的なタオルのパイルの割合はタオル全体の6割あれば多いと言われていますが、Wellisのタオルはパイルの数とロングパイルのおかげで、パイルの割合が74%を占めています。 「ロングパイル×甘撚り糸」という奇跡の組み合わせが叶ったおかげで、きめ細かな美しい風合いの見た目からは想像できない軽さを実現。また、ロングパイルでパイル数が多いWellisのタオルはより柔らかく、すっと滑らすだけでも水気を優しく吸い取ってくれる、肌に優しい吸水性の高いタオルです。吸水性だけでなく、吸水量も多いので、タオルの本質にも応えたタオルになりました。 他にはない、パイルへのこだわりにWellisタオルの肌への優しさへの秘訣が詰まっています。 甘撚り糸については、「思わず頬ずりしたくなる甘撚り糸って何のこと?」で詳しくご説明していますので、ご覧ください。

もっとみる
思わず頬ずりしたくなる甘撚り糸のタオル。そもそも甘撚りって何?

思わず頬ずりしたくなる甘撚り糸のタオル。そもそも甘撚りって何?

2023.11.15 | Other

枕にタオルを巻いて寝ているという人も多いはず。 Wellisのタオルは甘撚りの糸を使用して織られているから、とてもふわふわで肌にも優しい。Wellisのタオルを枕に巻くと、枕カバーや他のタオルを巻いている時には感じられない幸福感を寝ている間も感じられます。それは甘撚りのタオルだからこそ感じることができるんです。 そもそも甘撚りって何?と思いながらタオルを選んでいませんか。タオルへの知識が増えると、肌への優しさやタオルの特徴を理解しながらタオル選びを楽しむことができます。 この記事では、そんな糸の撚り(甘撚り)ついてご紹介します そもそも撚りとは?撚りの種類と強さについて 「撚る(よる)」とは、ねじりあわせることで、タオルを織る前の素材となる糸は、綿の繊維をねじりあわせてできています。糸は撚るほど強度が増し、撚りの少しの回数の差で全く 異なる糸になります。撚りの回数が多いのか少ないのかは、1mあたりの撚りの回数で判断されていて、撚りの回数が少ないものを『甘撚り』、回数が多いものを『強撚糸』と言います。また、撚りのほどんどない糸のことを『無撚糸』と言います。 甘撚り甘撚りの糸はタオルを織る際に切れてしまわない程度の回数の撚りをかけている糸です。撚り回数を少なくすることで、柔らかくてふわふわな肌ざわりのタオルになります。普通糸より撚りが少ないため、繊維同士の隙間が増え、ボリュームのあるタオルになるのが特徴です。撚りが甘い分、毛羽が少し出てしまうこともあります。 強撚糸撚りの回数が1mあたり1000回以上撚られたものが強撚糸と言われています。強撚糸はタオルにはあまり使われない糸です。撚りが強ければ繊維の強度が増し、硬くて細い糸になります。ハリとコシがあるのが特徴で、通気性も良いので夏用の衣類などに多く採用されています。 無撚糸糸を全く撚らない無撚糸の糸がもっとも柔らかいとされていますが、撚りが少ない分吸水性は高いが、撚りが少ない分耐久性は低く、毛羽も出やすい少しデリケートなタオルです。近年では化学薬品を使っていない、無撚糸のタオルも発売されていますが、一般的には化学薬品が使われています。 Wellisでは甘撚りの糸を採用しています タオルづくりにおいて糸は、肌ざわりを左右する重要なものです。Wellisでは綿本来のやわらかさをタオル全体で感じていただける、甘撚りの糸を採用しました。日々、タオルを使うたびにやわらかくて優しい肌ざわりを感じていただけるはずです。   甘撚りの糸は撚りが甘く、タオルを織る際に切れてしまうほどですが、Wellisでは”細さ”も追求。より繊細な糸でタオルを織ることで「優しい肌ざわり」を追求しました。通常のタオルは20番手の糸で織られる事が一般的ですが、Wellisのタオルはその半分の細さの40番手の細い糸で織られています。 甘撚りの繊細な細い糸で作られた、最高品質のタオルをお客様に届けるために、長年、泉州のタオル職人と試行錯誤を重ねて開発したのがWellisの「優しく美しい肌ざわり」のタオルです。 思わず頬ずりしたくなるほどのWellisの甘撚りの繊細な糸で織られたタオルを一度お試しください。

もっとみる