枕にタオルを巻いて寝る理由|睡眠と美容の関係を解説

枕にタオルを巻いて寝る理由|睡眠と美容の関係を解説

2024.02.22 | Skincare

枕にタオルを巻いて寝るというシンプルな習慣が、美容と睡眠の質にどれほどの良い効果をもたらすかご存じでしょうか。肌や髪は知らず知らずのうちに枕と摩擦を起こしています。この小さな摩擦が、肌荒れや髪のダメージにつながる原因となり得るのです。しかし、枕にタオルを巻くと摩擦の抑制が期待できるため、睡眠中でも肌と髪をやさしく守ることができます。ただし、正しい美容効果を得るには、傷みやほつれのない上質なタオルを使うことが大切。Wellisのバスタオルは、甘撚りの繊細な糸と、通常のタオルよりも長い15mmのロングパイルにこだわり織っています。「優しく美しい肌ざわり」を実感できるWellisのバスタオルを枕に巻いて、肌と髪をいたわりましょう。 睡眠中の枕にタオルを巻くメリット 睡眠中の枕にタオルを巻くのがおすすめな理由として、下記のような問題や不快感を軽減できるというメリットが挙げられます。・枕に肌や髪が直接触れるため菌が繁殖しやすい環境・睡眠中の寝返りが引き起こす肌への摩擦・髪の乾燥やパサつきを防止・睡眠中の頭皮は汗をかきやすいそれぞれについて詳しく解説します。 枕に肌や髪が直接触れるため菌が繁殖しやすい環境 睡眠時、人は一晩でコップ1杯ほどの汗をかくと言われています。特に頭は汗をたくさんかくので、寝ている間に枕や枕カバーの湿度が高まり、細菌が繁殖しやすい環境に。気温や湿度の高い季節は菌がどんどん増殖し、肌や頭皮のトラブルを加速させてしまうこともあります。枕にタオルを巻くことで汗や皮脂などの分泌物を吸収できるため、枕本体や枕カバーの汚れを防ぐことが可能になります。簡単に洗濯できるタオルは定期的に交換しやすく、枕の清潔さを維持できる点もポイントです。清潔な環境を保つには、タオルを2、3日に一回は洗濯するのが理想的です。 睡眠中の寝返りが引き起こす肌への摩擦 肌は刺激に非常に敏感です。睡眠中の寝返りで枕と肌に摩擦が生じると、皮膚の表面には目に見えない小さな傷が付きます。この傷から皮膚内部の水分が蒸発し、肌荒れの原因になる可能性も。水分の蒸発を招く摩擦は肌のバリア機能の正常な働きを損なわせるため、シミやしわ、乾燥の原因にもなり得ます。肌と枕の摩擦を少なくするには、柔らかく肌ざわりの良いタオルの使用がおすすめです。上質なタオルを枕に巻いて寝ると、寝返りを打っても摩擦が起こりにくくなり、肌への負担を軽減できます。使用するタオルは、できるだけ肌への刺激が少なく、柔らかくて肌ざわりの優しいものを選びましょう。 髪の乾燥やパサつきを防止 髪のキューティクルは、外部からの摩擦に非常に弱い部分です。キューティクルが傷つくと、髪は乾燥しやすくなり、パサつきが目立つようになります。睡眠時に生じる枕との摩擦は、髪へのダメージとなることも少なくありません。枕にタオルを巻いて軽減させましょう。柔らかなタオルの使用で摩擦が減ると、静電気の発生も抑えられ、髪に余計なダメージを与えずに済むのです。その結果、起床時でも比較的なめらかな状態を保てるため、まとまりやすく手間なくスタイリングが行えます。髪の乾燥やパサつきを防ぎ、健康で美しい髪を維持するためにも、寝ながら簡単にできる美髪ケアとしてお試しください。 睡眠中の頭皮は汗をかきやすい 睡眠中、特に頭部は他の部位に比べ、汗をかきやすい傾向にあります。これは、頭部が体温調節の重要な役割を担っているからです。夜間、人体は自然に体温を下げようとするため、頭皮から出る汗の分泌量が多くなります。この現象は、睡眠の質を向上させる自然な現象ですが、同時に枕に付着する汗の量も増加します。吸湿性に優れているタオルを枕に巻いて寝ることで、睡眠中に頭部から出る汗を効率よく吸収できます。この一手間で枕や枕カバーの湿った不快感を感じずに済み、睡眠の質を向上させられます。また、頭皮を清潔に保つことは、抜け毛や頭皮の炎症予防にもつながります。枕にタオルを巻いて眠るのは、頭皮トラブルに悩んでいる方にもおすすめの方法です。 枕にタオルを巻くと期待できる美容効果 ここでは、枕にタオルを巻くことで期待できる美容効果を解説します。 正常なターンオーバーを促進しシミや肌荒れを予防 寝返りなどによって肌が刺激を受けると、メラニンの生成が促されます。これは、肌が自身を守ろうとする自然な反応ですが、この状態が続くと肌の正常なターンオーバー(新陳代謝)が妨げられ、結果としてシミの原因になります。そのため、柔らかく優しい肌ざわりのタオルを使用し、寝返りによる摩擦を和らげることが美肌への第一歩です。また、パイルで構成されているタオルは一般的な枕カバーよりも吸湿性にも優れており、枕への汗や皮脂の蓄積を防いでくれます。清潔な状態を保てるため、肌の正常なターンオーバーを支え、シミや肌荒れを予防する効果が期待できるのです。枕にタオルを巻くことは、肌刺激の少ない睡眠環境へとつながり、ニキビに悩む方や敏感肌の方にとっても大きなメリットとなるでしょう。 ■合わせて読みたい:Wellisのタオルをスキンケアに。肌と摩擦の関係性 睡眠の質が上がる 睡眠の質は、日々の健康と美容に大きな影響をもたらします。枕に質の良いタオルを巻くことは、睡眠の質を向上させる方法のひとつです。上質なタオルは摩擦を軽減が期待でき、夜間の寝返りがしやすくなります。寝返りには、体温調整や姿勢のリセット、血流の流れをよくする効果があるため、適切なタイミングで無理なく行える環境を整えることがベスト。ふわふわとした上質なタオルを使用すると、心地よい睡眠環境を実現でき、深い眠りを促せるでしょう。優しい肌ざわりのタオルは、リラクゼーション効果を高め、ストレスを軽減させる効果もあります。このように、枕にタオルを巻くと快適な睡眠環境を整えられ、睡眠の質が上がることで美容にとって良い影響を与えられるのです。 枕カバーにはWellisのバスタオルがおすすめ 枕にタオルを巻き十分な美容効果を得るには、傷みやほつれがなく肌ざわりの良いタオルを選ぶことが重要です。上質なタオルは肌や髪に与える刺激を最小限に抑え、快適な睡眠環境を提供してくれます。Wellisではぴったりなアイテムとして、バスタオルをおすすめしています。ここでは、Wellisのバスタオルにはどのような特長やこだわりが込められているかを紹介します。 Wellisのバスタオルの特長 Wellisは朝目覚めてから、眠りにつくまでの何気ないシーンの中で、肌に触れるタオルなどのアイテムを中心に揃えたライフスタイルブランドです。130年以上もの歴史を持つ日本のタオル産業発祥の地「泉州」で生産された高品質なタオルを提供しています。Wellisが提供するバスタオルは「素材へのこだわり」や「職人の高い技術力」によって、軽くて柔らかい「優しく美しい肌ざわり」を実現しました。織りの密度をより高めるために、職人の繊細な感覚をしっかりと反映できるイタリア製のレピア式織機を使用し、泉州タオルならではの後晒し製法で仕上げています。この製法により、糸本来の吸水性を引き出し、肌ざわりの良いタオルを生み出しているのです。また、甘撚りの繊細な細い糸で織られているため、とても柔らかく肌ざわりの優しい仕上がりになっています。 ■商品紹介・Wellis サスティナブルコットン・バスタオル 6,600円(税込)・Wellis サスティナブルコットン・バスタオル5枚セット 33,000円(税込)タオルはナチュラルホワイト、グレー、ネイビー、ボルドーの4色展開で、どの色を選んでもお洒落でインテリアとしても馴染むカラーデザイン。ぜひ一度、「優しく美しい肌ざわり」を感じられるWellisのバスタオルを選んでみてはいかがでしょうか。 枕にタオルを巻いて、美しく快適な睡眠を 日々の睡眠は、私たちの美容と健康に欠かせないもの。その質を高めるために、枕にタオルを巻くことは手軽にできるケアのひとつ。摩擦の軽減が美容につながるだけではなく、吸水性や調湿性に優れたタオルが、睡眠時にかく汗の不快感をも抑えてくれます。快適な睡眠環境を整えることで深い睡眠へと導かれ、日々の疲れが癒やされることでしょう。 睡眠や美容にお悩みの方は、ぜひWellisのバスタオルをご検討ください。あなたの睡眠をより良いものに導いてくれるはずです。

もっとみる
Wellisのタオルをスキンケアに。肌と摩擦の関係性

Wellisのタオルをスキンケアに。肌と摩擦の関係性

2023.10.06 | Skincare

いくつになっても美しくありたい。歳を重ねるたびに、そう考えるようになりました。 肌に合うスキンケアアイテムを選ぶことも大切だけど、直接肌に触れるタオル選びも美しさを保つうえでは大切です。 タオルの摩擦は大切な肌に刺激を与えます。優しく水分を拭き取っているつもりでも実は肌が傷ついてしまっていることも。 吸水性が低いタオルや硬めのタオルで肌を強くこすると、デリケートな角質層が傷つき、スキンケアに必要な保湿機能やバリア機能が失われてしまいます。ですが、糸が細くパイルが長くて柔らかいタオルなら肌への刺激を最小限に抑えられ、角質層を守ることで肌の劣化を予防してくれます。この記事では、肌と摩擦の関係性や、タオル使用時の注意点などをご紹介します。 タオルの摩擦は肌に負担を与える 健やかで美しいお肌に摩擦は大敵。タオルで顔を拭く際の刺激が蓄積すると肌トラブルの原因になることもあります。実際に、タオルの摩擦による刺激は肌の角質層を簡単に壊してしまい、結果として肌の劣化につながります。肌の角質層は不要となった皮膚細胞がバリアのように積み重なった構造をしており、乾燥や雑菌繁殖などの有害な刺激から肌を守る役割を担っています。そのため、角質層が壊れた肌はとても脆い状態になっており、少しの刺激がトラブルのもとになります。また、角質層は肌の保湿も担っています。角質細胞にはNMF(Natural Moisturizing Factor)と呼ばれる天然保湿因子が豊富に含まれており、細胞内に水分を蓄えることで保湿を行います。角質層の保湿機能は年齢とともに失われますが、それ以上に毎日のダメージが影響を与えている可能性もあります。角質層が傷つくと本来の機能が失われるため、タオルをはじめとした様々な摩擦を極力おさえて肌を守ることが大切です。 タオルはスキンケアアイテムのひとつ 高価なスキンケアアイテムにこだわるだけじゃなく、肌をケアする前に肌を優しく拭いたり、優しい肌ざわりのタオルを選んでいますか?タオルもスキンケアアイテムのひとつです。今回は、タオルをスキンケアで活用する際のポイントを3つ紹介します。 1.選び方のポイント:肌に優しいコットン素材でできている 使用するタオルはコットン素材がおすすめです。ナイロンやポリエステルなどの化学繊維と比較して、天然繊維であるコットン素材は肌への刺激が非常に少なく、毎日の使用に適しています。コットンは繊維のきめが細かいため皮膚表面になじみやすく、デリケートな角質層を傷つけにくいです。 2.洗い方のポイント:柔軟剤を使わない タオルをふわふわに仕上げてくれる柔軟剤ですが、肌への刺激やスキンケアの面ではおすすめできません。 柔軟剤は繊維をコーティングしてしまい、汚れに繋がったり吸水力が低下したりしてしまいます。また、繊維の表面に摩擦が起こりやすくなり、繊維同士のすべりがよくなることで繊維が抜け、パイルが細くなってしまいます。その結果、タオル全体が痩せて肌ざわりが変化してしまいます。 そのため、柔軟剤を使わずに洗濯することがおすすめです。しかし、ごわつきを感じたり、パイルが寝てきたなと感じた時は、柔軟剤を使用するとタオルの柔らかさが持続しより長くご使用いただけます。 3.日々のケアのポイント 大切な肌を守るために、タオルはつねに清潔な状態にしましょう。見た目がきれいでも、一度使用したタオルには水分や皮膚表面の汚れが付着しており、放置するほど雑菌が繁殖してしまいます。 使用する度にタオルを新しいものに交換することがおすすめ。毎回洗濯することで、繊維にこびりついた汚れや雑菌を除去できるため、肌へのダメージを最小限に抑えられます。洗濯の際はタオルのみを他の洗濯物と分けて洗濯機に入れたり、酸素系漂白剤を使ったりすることで清潔度が上がり、肌ざわりも良くなります。 『優しく美しい肌ざわり』を叶えたWellisのタオル 日本でも最高品質のタオルとして知られる「泉州タオル」の最高峰の技術力によって『優しく美しい肌ざわり』を実現したWellisのタオル。スキンケアに日々気を遣い、大切な肌を守りたい方におすすめです。Wellisのタオルは柔らかく繊細な「甘撚り(あまより)」の糸を使用しているため、糸が切れないように織るのがとても難しく、そのうえロングパイルを実現するには泉州の熟練職人の技術が不可欠です。絶妙な撚りの糸を丁寧に織り込むタオル職人の技術によって、優しくやわらかな肌ざわり、きめ細やかな美しい風合い、吸水性があるというタオルの本質にこだわったタオルが実現しました。甘撚りの糸とロングパイルの組み合わせが叶ったおかげで、高い吸水性も実現しました。Wellisのタオルは、すっと滑らすだけでも十分水気を吸い取ってくれるため、肌を包み込むように優しく触れることができます。『優しく美しい肌ざわり』を実現した、Wellisのタオルをスキンケアにもどうぞ。

もっとみる
タオルの寿命はどれくらい?買い替えるタイミングを紹介

タオルの寿命はどれくらい?買い替えるタイミングを紹介

2023.03.29 | LifestyleSkincare

普段はなかなか気にしないタオルの寿命。汚れたら替える、ほつれたら替えるなどのイメージがあるかもしれません。この記事では、タオルの寿命や理想的な買い替えのタイミングをご紹介します。 タオルの寿命は約1年 タオルには賞味期限のような明確な寿命はありません。しかし、使い込んでいくうちにごわつきやニオイが気になってくると思います。タオルは、洗濯回数が30~40回くらいを超えたころを目安とし、一般的には約1年で寿命が来ると言われています。その寿命は使用する洗濯機の種類や選択頻度によっても大きく変わってきます。実際に、有名な泉州のタオル職人たちも1年に一度タオルを買い替えているそうです。タオルを作っているからこそ、タオルの寿命と最適な買い替えのタイミングを知っているんですね。ここからは、具体的な買い替えのタイミングもご紹介します。タオルの寿命を判断する基準は、主に「肌触り」「吸水力」「ニオイ」の3つになります。肌触りがゴワゴワとしてきたら買い替えのタイミングです。何度も使用していると、生地が傷んでゴワゴワしてきます。また、洗剤の使いすぎとすすぎ不足で繊維が固くなることや、濡れたまま放置することで、繁殖した雑菌が繊維を傷つけてしまうことが原因です。吸水力が落ちたと感じたら買い替えのタイミングです。新品のタオルは、パイルがしっかりと立っているため、水を良く吸います。しかし、何度も洗濯と乾燥を繰り返すことで、パイルが立たなくなってしまい吸水力が落ちてきます。一時的に吸水力を復活させる方法として、コインランドリーの大きな乾燥機で乾燥させる方法がありますが、水を吸いづらくなったら買い替えてしまうのも一つの手です。嫌なニオイが気になりだしたら買い替えのタイミングです。洗剤や汚れの残りと濡れたまま長時間放置してしまうことが原因です。雑菌は、そのような環境の中でよく繁殖してしまいます。雑菌が繁殖したバスタオルを使い続けるのは衛生的にもおすすめできません。家族の健康のためにも、嫌な匂いがとれなくなったら、すぐに交換しましょう。 ご購入はこちらから   タオルの買い替えのタイミングに”めぐるタオル” タオルの寿命は、材質と普段のお手入れにもよりますが、約半年から1年ほどです。「硬くなり使い心地が悪くなってきた」「肌を拭いた際にチクチクと痛い」「雑菌が繁殖して変なにおいがする」など、どれかに当てはまるものがあればタオルの替え時です。そのまま使い続けると、知らないうちにお肌を傷つけてしまい、肌荒れを起こしやすくなっていたりします。”めぐるタオル”の定期リフレッシュサービスは、3ヶ月おきにタオルを入れ替え、タオルをクリーニングするというサブスクリプションサービスです。日々のくらしの中で、タオルの肌触りや吸水性は落ちてしまうもの。「めぐるタオル」は、毎日肌に触れるものだからこそ、清潔で新品のような肌触りのタオルを使いたいというお客様の声から誕生しました。買い替えも自動化し、使い古したタオルは回収。使用済みタオルを新たなライフスタイル商品に生まれ変わらせる取り組みもしています。このサスティナブルな取り組みにより、「買い替え時がわからない」「捨てるのがもったいない」そのようなお客様のお悩みも解決します。タオルの買い替えのタイミングでぜひご検討ください。▼”めぐるタオル”はこちらhttps://wellis.jp/pages/subscription

もっとみる
おろしたてのような肌心地をいつまでも。タオルのお手入れのコツ

おろしたてのような肌心地をいつまでも。タオルのお手入れのコツ

2023.03.15 | Skincare

タオルには寿命があり、適切なお手入れをしないとすぐにゴワつきや嫌なニオイが気になってしまいます。この記事では、タオルを長く使うためのお手入れのコツをご紹介します。 タオルの寿命を長持ちさせるお手入れのコツ ふわふわのタオルでも、適切なケアをしなければゴワゴワとした手触りになったり、臭くなったり、硬くなったりとすぐに劣化してきてしまいます。そのような劣化を抑えるために、お手入れのコツを5つご紹介します。 柔軟剤を使わない 1つ目は、柔軟剤を使わないことです。柔軟剤を使うと、肌触りが一時的に良くなり、いい香りがします。しかし、タオルの吸水力が落ち、繊維が滑ってパイルが抜け落ちるのを早める原因になってしまいます。できれば、柔軟剤は使わないのが理想的です。 一度に大量の洗濯をしない 2つ目は、一度に大量の洗濯をしないことです。大量の洗濯物とタオルを一緒に洗濯すると、洗濯物と擦れ合い繊維が傷む原因になってしまいます。また、すすぎも不十分になり洗剤が残ることで、ゴワつきや嫌なニオイも発生してしまいます。 洗濯物をネットに入れる 3つ目は、洗濯物をネットに入れることです。タオルから落ちた毛羽が付かないよう洗濯ネットは目の細かなものを選ぶのがおすすめです。タオルの表面が他の洗濯物とぶつかってしまい、表面の繊維がつぶれてしまうのを防ぐことができます。 ゆっくりと多めの水で洗う 4つ目は、節水モードにせず、ゆっくりと多めの水で洗うことです。洗濯する際に水の中で大きく動く程汚れ落ちが良く、また洗濯物同士が擦れ合ってタオルが痛む事も少なくなるため、たっぷりの水で洗うことが重要です。特にタオルは、汚れ以外に毛羽の脱落もあるため、洗濯機の中で泳がせるくらいの水量で洗うのが理想と言われています。 洗濯後はすぐに干す 5つ目は、洗濯後はすぐに干すことです。濡れたままのバスタオルを放置すると雑菌が繁殖し、硬くなってしまいます。洗濯が終わったらすぐ干しましょう。時間が経ってしまった場合は、干す前にバスタオルを上下に振って、固まったタオルをほぐします。長時間放置した場合は雑菌の繁殖を抑えるため、洗いなおした方が良いでしょう。 いつでも新品のようなタオルを使える”めぐるタオル”  ここまで、タオルを長く使うためのお手入れのコツをご紹介してきました。しかし、タオルは毎日使うものですので、どうしても劣化してしまいます。ゴワつきやニオイが気になってきたら買い替えのタイミングになります。 ”めぐるタオル”の定期リフレッシュサービスは、3ヶ月おきにタオルを入れ替え、タオルをクリーニングするというサブスクリプションサービスです。 日々のくらしの中で、タオルの肌触りや吸水力は落ちてしまうもの。また、毎日使うタオルは使えば使うほど、パイルが痩せてしまいます。定期的なクリーニングで糸と糸の間に空気を含ませ、パイルが立ち上がっている状態へと導くことで吸収力の低下をゆるやかにし、おろしたてのような肌心地をできるだけ長くお楽しみいただけます。 タオル本来の風合いを取り戻し、おろしたてのような肌心地を長く楽しみたい方は、ぜひこちらもご検討ください。 ▼”めぐるタオル”はこちらhttps://wellis.jp/pages/subscription  

もっとみる