枕にタオルを巻いて寝る理由|睡眠と美容の関係を解説

枕にタオルを巻いて寝る理由|睡眠と美容の関係を解説

2024.02.22 | Skincare

枕にタオルを巻いて寝るというシンプルな習慣が、美容と睡眠の質にどれほどの良い効果をもたらすかご存じでしょうか。肌や髪は知らず知らずのうちに枕と摩擦を起こしています。この小さな摩擦が、肌荒れや髪のダメージにつながる原因となり得るのです。しかし、枕にタオルを巻くと摩擦の抑制が期待できるため、睡眠中でも肌と髪をやさしく守ることができます。ただし、正しい美容効果を得るには、傷みやほつれのない上質なタオルを使うことが大切。Wellisのバスタオルは、甘撚りの繊細な糸と、通常のタオルよりも長い15mmのロングパイルにこだわり織っています。「優しく美しい肌ざわり」を実感できるWellisのバスタオルを枕に巻いて、肌と髪をいたわりましょう。 睡眠中の枕にタオルを巻くメリット 睡眠中の枕にタオルを巻くのがおすすめな理由として、下記のような問題や不快感を軽減できるというメリットが挙げられます。・枕に肌や髪が直接触れるため菌が繁殖しやすい環境・睡眠中の寝返りが引き起こす肌への摩擦・髪の乾燥やパサつきを防止・睡眠中の頭皮は汗をかきやすいそれぞれについて詳しく解説します。 枕に肌や髪が直接触れるため菌が繁殖しやすい環境 睡眠時、人は一晩でコップ1杯ほどの汗をかくと言われています。特に頭は汗をたくさんかくので、寝ている間に枕や枕カバーの湿度が高まり、細菌が繁殖しやすい環境に。気温や湿度の高い季節は菌がどんどん増殖し、肌や頭皮のトラブルを加速させてしまうこともあります。枕にタオルを巻くことで汗や皮脂などの分泌物を吸収できるため、枕本体や枕カバーの汚れを防ぐことが可能になります。簡単に洗濯できるタオルは定期的に交換しやすく、枕の清潔さを維持できる点もポイントです。清潔な環境を保つには、タオルを2、3日に一回は洗濯するのが理想的です。 睡眠中の寝返りが引き起こす肌への摩擦 肌は刺激に非常に敏感です。睡眠中の寝返りで枕と肌に摩擦が生じると、皮膚の表面には目に見えない小さな傷が付きます。この傷から皮膚内部の水分が蒸発し、肌荒れの原因になる可能性も。水分の蒸発を招く摩擦は肌のバリア機能の正常な働きを損なわせるため、シミやしわ、乾燥の原因にもなり得ます。肌と枕の摩擦を少なくするには、柔らかく肌ざわりの良いタオルの使用がおすすめです。上質なタオルを枕に巻いて寝ると、寝返りを打っても摩擦が起こりにくくなり、肌への負担を軽減できます。使用するタオルは、できるだけ肌への刺激が少なく、柔らかくて肌ざわりの優しいものを選びましょう。 髪の乾燥やパサつきを防止 髪のキューティクルは、外部からの摩擦に非常に弱い部分です。キューティクルが傷つくと、髪は乾燥しやすくなり、パサつきが目立つようになります。睡眠時に生じる枕との摩擦は、髪へのダメージとなることも少なくありません。枕にタオルを巻いて軽減させましょう。柔らかなタオルの使用で摩擦が減ると、静電気の発生も抑えられ、髪に余計なダメージを与えずに済むのです。その結果、起床時でも比較的なめらかな状態を保てるため、まとまりやすく手間なくスタイリングが行えます。髪の乾燥やパサつきを防ぎ、健康で美しい髪を維持するためにも、寝ながら簡単にできる美髪ケアとしてお試しください。 睡眠中の頭皮は汗をかきやすい 睡眠中、特に頭部は他の部位に比べ、汗をかきやすい傾向にあります。これは、頭部が体温調節の重要な役割を担っているからです。夜間、人体は自然に体温を下げようとするため、頭皮から出る汗の分泌量が多くなります。この現象は、睡眠の質を向上させる自然な現象ですが、同時に枕に付着する汗の量も増加します。吸湿性に優れているタオルを枕に巻いて寝ることで、睡眠中に頭部から出る汗を効率よく吸収できます。この一手間で枕や枕カバーの湿った不快感を感じずに済み、睡眠の質を向上させられます。また、頭皮を清潔に保つことは、抜け毛や頭皮の炎症予防にもつながります。枕にタオルを巻いて眠るのは、頭皮トラブルに悩んでいる方にもおすすめの方法です。 枕にタオルを巻くと期待できる美容効果 ここでは、枕にタオルを巻くことで期待できる美容効果を解説します。 正常なターンオーバーを促進しシミや肌荒れを予防 寝返りなどによって肌が刺激を受けると、メラニンの生成が促されます。これは、肌が自身を守ろうとする自然な反応ですが、この状態が続くと肌の正常なターンオーバー(新陳代謝)が妨げられ、結果としてシミの原因になります。そのため、柔らかく優しい肌ざわりのタオルを使用し、寝返りによる摩擦を和らげることが美肌への第一歩です。また、パイルで構成されているタオルは一般的な枕カバーよりも吸湿性にも優れており、枕への汗や皮脂の蓄積を防いでくれます。清潔な状態を保てるため、肌の正常なターンオーバーを支え、シミや肌荒れを予防する効果が期待できるのです。枕にタオルを巻くことは、肌刺激の少ない睡眠環境へとつながり、ニキビに悩む方や敏感肌の方にとっても大きなメリットとなるでしょう。 ■合わせて読みたい:Wellisのタオルをスキンケアに。肌と摩擦の関係性 睡眠の質が上がる 睡眠の質は、日々の健康と美容に大きな影響をもたらします。枕に質の良いタオルを巻くことは、睡眠の質を向上させる方法のひとつです。上質なタオルは摩擦を軽減が期待でき、夜間の寝返りがしやすくなります。寝返りには、体温調整や姿勢のリセット、血流の流れをよくする効果があるため、適切なタイミングで無理なく行える環境を整えることがベスト。ふわふわとした上質なタオルを使用すると、心地よい睡眠環境を実現でき、深い眠りを促せるでしょう。優しい肌ざわりのタオルは、リラクゼーション効果を高め、ストレスを軽減させる効果もあります。このように、枕にタオルを巻くと快適な睡眠環境を整えられ、睡眠の質が上がることで美容にとって良い影響を与えられるのです。 枕カバーにはWellisのバスタオルがおすすめ 枕にタオルを巻き十分な美容効果を得るには、傷みやほつれがなく肌ざわりの良いタオルを選ぶことが重要です。上質なタオルは肌や髪に与える刺激を最小限に抑え、快適な睡眠環境を提供してくれます。Wellisではぴったりなアイテムとして、バスタオルをおすすめしています。ここでは、Wellisのバスタオルにはどのような特長やこだわりが込められているかを紹介します。 Wellisのバスタオルの特長 Wellisは朝目覚めてから、眠りにつくまでの何気ないシーンの中で、肌に触れるタオルなどのアイテムを中心に揃えたライフスタイルブランドです。130年以上もの歴史を持つ日本のタオル産業発祥の地「泉州」で生産された高品質なタオルを提供しています。Wellisが提供するバスタオルは「素材へのこだわり」や「職人の高い技術力」によって、軽くて柔らかい「優しく美しい肌ざわり」を実現しました。織りの密度をより高めるために、職人の繊細な感覚をしっかりと反映できるイタリア製のレピア式織機を使用し、泉州タオルならではの後晒し製法で仕上げています。この製法により、糸本来の吸水性を引き出し、肌ざわりの良いタオルを生み出しているのです。また、甘撚りの繊細な細い糸で織られているため、とても柔らかく肌ざわりの優しい仕上がりになっています。 ■商品紹介・Wellis サスティナブルコットン・バスタオル 6,600円(税込)・Wellis サスティナブルコットン・バスタオル5枚セット 33,000円(税込)タオルはナチュラルホワイト、グレー、ネイビー、ボルドーの4色展開で、どの色を選んでもお洒落でインテリアとしても馴染むカラーデザイン。ぜひ一度、「優しく美しい肌ざわり」を感じられるWellisのバスタオルを選んでみてはいかがでしょうか。 枕にタオルを巻いて、美しく快適な睡眠を 日々の睡眠は、私たちの美容と健康に欠かせないもの。その質を高めるために、枕にタオルを巻くことは手軽にできるケアのひとつ。摩擦の軽減が美容につながるだけではなく、吸水性や調湿性に優れたタオルが、睡眠時にかく汗の不快感をも抑えてくれます。快適な睡眠環境を整えることで深い睡眠へと導かれ、日々の疲れが癒やされることでしょう。 睡眠や美容にお悩みの方は、ぜひWellisのバスタオルをご検討ください。あなたの睡眠をより良いものに導いてくれるはずです。

もっとみる
糸の太さを表す単位「番手」とは?

糸の太さを表す単位「番手」とは?

2024.02.09 | Other

衣類やタオルなどの日用品の糸を使った商品でたまに目にする「番手」という文字。 「20番手」「40番手」「100番手」など、番手の前につく数字も様々。そもそも番手って何?と思いながらお買い物をしていませんか。 この記事では、糸の太さを表す「番手」についてご説明します。   糸の太さを表す「番手」とは? 綿番手は、重さ1ポンド(453.6g)あたりの長さが840ヤード(768m)の長さの糸が「1番手(いちばんて)」と定められています。重さが1ポンド当たりの長さで番手が決まり、例えば、1ポンドの重さで1680ヤードの長さとなるものを2番手(にばんて)と言います。 つまり、2番手の糸は、1番手の糸よりも軽い(細い)糸ということになります。このように、一定の重さに対して、どれだけの長さになるのかで糸の太さを表す方式のことを「恒重式番手」と言い、数字が大きくなるほど糸は細く、数字が小さいと太い糸ということになります。 一般的なタオルのパイルは20番手で織られている事が多いと言われており、タオルの糸は、1ポンド(453g)当たり16,800ヤード(15,360m)の太さの糸になります。   タオルにはどんな糸が使われている? タオルは「緯糸(よこいと)」「地経糸(たていと)」「パイル経糸(たていと)」の3つの糸からできています。     「緯糸(よこいと)」タオルを縦長に置いた時、横方向に通っている糸のことを言います。 「地経糸(じたていと)」タオルを縦長に置いた時、縦方向に通っている糸のことを「地縦糸(たていと)」と言います。生地の長さは、この地経糸の長さで決まります。 「パイル経糸(たていと)」風合いや柔らかさを感じる最も重要なパイル(生地の表面に並んでいる丸いループ状の毛足の糸のこと)の糸です。パイル以外の一般的な生地は、経糸と緯糸の二つの糸で構成されていますが、パイル生地はそれにこのパイル経糸を織り込んで作られています。   合わせて読みたい:タオルの肌ざわりを左右する「パイル」って何のこと?   Wellisのタオルは「40番手」の細い糸を採用。パイルの数へのこだわりも   Wellisタオルのパイル経糸には40番手の繊細で細い糸を採用しています。一般的なタオルのパイルは20番手の糸で織られていることが多いですが、Wellisはその半分の糸の細さで織られています。 また、Wellisはパイル部分だけでなく、緯糸と地経糸で形成されているグランド部分にも40番手の糸を採用しています。(ヘム・耳を除く) それは、肌に直接触れるパイルの打ち込み数を増やし、吸水性を高めることと肌への優しさを考えたからです。また、15mmというロングパイルにもこだわり、その結果Wellisのタオルはパイルの割合が全体の74%を占めています。  Wellisのタオルは40番手の繊細な糸をパイル、グランドどちらにも採用することで、パイルの数が多く、通常のタオルよりも綿の使用量が多いにも関わらず、軽やかで肌ざわりも良く、吸水性の高いタオルを実現しました。 糸の素材そのものに何を採用するかも重要ですが、その糸の細さがタオルのボリュームや風合いにも関わるので、どの番手の糸を採用するかもとても重要なのです。   合わせて読みたい:肌や身体のことだけでなく環境にも配慮したWellisの素材へのこだわり  

もっとみる
新生活に贈りたいWellisの高級タオルギフト

新生活に贈りたいWellisの高級タオルギフト

2024.01.29 | Gift

新年度の幕開けとともに、大切な人への贈り物を選ぶ機会が増えるこの季節。新生活を始める方々に向け、新たな生活を豊かに彩るギフトをお探しなら、思いやりを感じられるWellisのタオルを贈るのはいかがでしょうか。暮らしの一部として、毎日の生活に寄り添うタオルは、新生活においても欠かせないアイテム。Wellisのタオルは最高品質のものづくりにこだわり、日本が誇る希少な技術を用いて、職人の手で丁寧に作られています。新しい生活の一部として、毎日の瞬間を豊かにするWellisのタオルを贈れば、受け取った方はきっと喜んでくれるはずです。 Wellisとは? Wellisは、『優しく美しい肌ざわり』を探求し「優美で心地よい日々」をお届けするブランド。朝目覚めたあと、お風呂上がり、眠りにつくベッドの中ーー。1日のはじまりから終わりまでのさまざまなシーンで、Wellisと触れるたびにしあわせな気持ちを感じてほしいという想いから、生まれました。特にお客様の悩みやニーズには深く耳を傾け、敏感肌や乾燥肌にも優しく、ふんわり感が長く続くタオルの開発に力を入れました。 さらに『優しく美しい肌ざわり』を実現するために、トレーサビリティが確保された高品質な甘撚り糸と、織りの密度がより高まるイタリア式のレピア式織機を採用しています。これを織るのは、130年以上受け継がれてきた最高峰の技術を持つ泉州の職人たち。移りゆく時代のなかでも暮らしと向き合いながら、Wellisは日本の希少な技術を駆使し、最高品質のタオル作りに情熱を注いでいます。 このように、Wellisがあらゆる面でこだわり抜いたタオルは、「軽やかさ」「柔らかさ」「肌への優しさ」を兼ね備えており、新年度などの贈り物としても喜ばれています。『優しく美しい肌ざわり』のタオルで肌をいたわることは、自分自身を大切にすることにもつながります。ふわふわと柔らかく、触るだけで心地よい気持ちにさせてくれるWellisのタオルに、あなたの気持ちを託して大切な人への贈りものに選んでみてはいかがでしょうか。 Wellisのタオルの特長 日本のタオルの二大産地である大阪府の泉州は日本のタオル発祥の地でもあり、普段使いに最適なタオル作りが得意な産地です。その泉州で織られているWellisのタオルは、その柔らかさと肌ざわりの良さ、甘撚りの繊細な細い糸を使ったロングパイルが特長。タオルの生地はパイルが長ければ長いほど肌ざわりがよく、優れた吸水性があると言われています。また、ループパイルが空気を含んでくれるため、保湿性や保温性が高まります。一般的なパイルの割合は6割あれば多いとされているなか、Wellisのタオルは74%を誇っています。細い甘撚り糸で密度を保ちながらパイルに長さを出すことは簡単ではありませんが、泉州の職人と試行錯誤を重ね、見た目の美しさと柔らかさ、高級感のあるボリューム、驚くほどの軽さを実現しました。これらのさまざまなこだわりや工夫によって、『優しく美しい肌ざわり』を叶えたWellisのタオルは、生活の質を高める上質な一品と言えます。また、カラーはナチュラルホワイト、グレー、ネイビー、ボルドーの4色展開。インテリアのように色を選べるので、贈りものにも最適です。高級感のある色味や表情を楽しむことができ、肌に触れるたびにしあわせな気持ちを味わってもらえるでしょう。 Wellisおすすめの高級ギフトセット Wellisがおすすめするギフトセットとして、下記の3種類をご用意しています。・タオルギフト・ブランケット・タオルケットタオルを贈りたい相手を思い浮かべ、その人のイメージにぴったりなものを選んでみてください。 1.タオルギフト Wellisのアイテムが一度に楽しめるセットです。フェイスタオルは、一般的なサイズより一回り大きく作られているため、ミニバスタオルとしてコンパクトに使いたいという方にもぴったり。バスタオルとフェイスタオル、ウォッシュタオルは縦幅をA4サイズほどの同一サイズに折り畳むことができるため、収納に統一感を持たせることも可能です。 Wellisフルセット 30,470円(税込) バスタオル2枚・フェイスタオル4枚セット 30,250円(税込) バスタオル4枚セット 28,050円(税込) 2.ブランケット Wellisのブランケットは、コットンのなかでも非常に希少でコットン界のカシミヤとも呼ばれる「オーガニックスーピマコットン」を使用しています。繊維が長く繊細で、柔らかな肌ざわりが特長。ブランケットの暖かさを感じるたび、あなたの温もりもお相手に届くはずです。 ブランケット 34,100円(税込)ブランケット2枚セット 67,650円(税込) 3.タオルケット Wellisのタオルケットも、ブランケット同様「オーガニックスーピマコットン」を採用しています。なかでも肌に直接触れるパイル部分には極甘撚りの優しい糸を使用し、なめらかで光沢感ある美しい風合いに仕上げました。調湿性に優れているので一年中使える優れもののタオルケットは、夏の暑い日でも涼しく、冬には布団に重ねることで暖かさをプラスします。 タオルケット 56,650円(税込) 誰かにギフトを贈るとき、お相手の顔を思い浮かべた経験はありませんか?「喜んでくれるといいな」「どんな表情をするだろうか」。さまざまな想いが胸に広がることでしょう。そんなとき、Wellisのタオルなら、高級感のある『優しく美しい肌ざわり』が、きっとお相手の笑顔を引き出してくれるはず。柔らかで優しい触り心地は、新生活の新たな一歩を軽やかに彩ってくれます。新しいスタートを迎える方々へWellisのタオルを贈り、毎日の生活に少しの贅沢としあわせを届けてみませんか?

もっとみる
Wellisがタオルの「ヘム」と「耳」、細部にまでこだわる理由

Wellisがタオルの「ヘム」と「耳」、細部にまでこだわる理由

2024.01.23 | Other

毎日使っているタオル。 そんなタオルに「ヘム」と「耳」という名称があるのを知っていますか?  この記事では『優しく美しい肌ざわり』をタオルの隅々まで感じていただける、Wellisのこだわりをお伝えしながら、タオルの「ヘム」と「耳」についてご説明します。   「ヘム」と「耳」ってタオルのどこのこと? タオルを横長に置いた時の左右の両端を縫製している部分が「ヘム」、タオルを横長に置いた時の天と地の縫製部分が「耳」と言います。  ヘムには、タオルの端がほつれるのを防止する重要な役割があり、ヘムの縫製処理がきちんとされていないと洗濯時にほつれが生じることも。タオルの強度に関わる重要な部分で、タオルの寿命も大きく左右されます。  一般的にヘムは生地を織り重ねて縫うことで作られていて、ヘムに長さをもたせたり、ヘムを利用して刺繍を施したり、ブランドロゴなどのタグを付けたりとデザイン性を持たせることもできます。   合わせて読みたい:糸の太さを表す単位「番手」とは?   Wellisタオルの「ヘム」と「耳」へのこだわり。 Wellisではタオルのどの部分が肌や髪に触れても、柔らかくて優しい肌ざわりを感じていただくために、「ヘム」と「耳」にこだわりました。  ヘムには余計な装飾をせず“タオルの強度を保つ”というヘムの役割を果たせるギリギリのラインまで細くしました。ヘムが肌に触れる面積を極限まで減らしたことで、ヘムが肌に当たりづらく、パイルの柔らかさを肌全体で感じていただけます。 また、パイルがしっかり肌や髪に触れるので、吸水力の高さも実感いただけます。  タオルハンカチの「ヘム」と「耳」には特殊なミシンを使って縫製するメロウ巻きという縫製を採用し、耳部分を3mmと極限まで細くしました。タオル同様に「ヘム」と「耳」が肌に当たりづらいため、手を拭く際にパイルの肌ざわりをたくさん感じていただけます。  是非一度、『優しく美しい肌ざわり』をタオルの隅々まで感じていただけるWellisのタオルを体感してみてください。

もっとみる
【USER VOICE】Wellisを知って、タオルの旅が終わりました。|会社経営 望月賢司さん

【USER VOICE】Wellisを知って、タオルの旅が終わりました。|会社経営 望月賢司さん

2024.01.12 | UserVoice

あなたにとって「心地よい日々」とは?そう問われたら、なんて答えるでしょうか。 趣味の時間を大切にすること、心惹かれるものを選ぶこと、好きな人たちと過ごす時間を大切にすること…問いかけた人の数だけ多様な答えがありそうです。 私たちは、「優美で心地よい日々に~Graceful touch in everyday moments」をコンセプトに、くらしをより良くできる商品を提案したいと立ち上がりました。 この連載では、Wellisのアイテムを愛用するみなさんと語り合い、時代とともに変わりゆく「心地よい日々」について考える機会をお届けしていきます。 第3回目は、会社経営者で「タオルおじさん」と自称するほどタオルにこだわりを持つ望月さん。そんな望月さんに、Wellisのタオルの使い心地やギフトの活用方法を聞いてみました。 毎日使うものだからこそ気持ちが上がるものを 望月さんとWellisとの出会いは、ふるさと納税の返礼品でした。元々タオルへのこだわりがあり、周囲の人に語るほどの「タオル愛」を持っていた望月さん。初めて使用した際、そのふわふわとした質感や厚み、見た目からもわかる高級感、そして無地の素敵な色みを気に入り「これはいいぞ……!」と思ってくださったそう。過去には、海外でホテル住まいをしていた時期もある望月さん。そのときに「タオルを見れば、そのホテルの質となりが見える」と気づいたのだそう。この発見を自分の生活に置き換えた時、薄いペラペラのタオルやパサついたタオルを使用すると気持ちまで下がってしまう、毎日使うものだからこそ気持ちが上がるクオリティのものを、と意識するようになったのだとか。 優しい質感に「ありがとう」という気持ちに ご自宅では基本的にWellisのタオルを使用している望月さんに、お気に入りの使い方を伺ってみました。 「枕にバスタオルを巻いています。Wellisを使用する以前からの習慣ですね。一時期枕の匂いが気になったこともあり、サッと洗濯できるのも気軽で良いんですよね。髪の毛の美容を意識しているわけではありませんが、Wellisのタオルは肌触りがいいので、寝返りをうって肌が触れた時、その優しい質感に〝ありがとう〟という気持ちになります」 そう語ってくれました。また、バスタオルだけでなくブランケットも愛用してくださっている望月さん。 「車が好きで何台か持っているんですが、1台に1ブランケット入れていますよ」 自宅だけではなく、外出時もWellisの肌ざわりをお楽しみいただいているようでした。 せっかくなら暮らしを豊かにするようなものを贈りたい 望月さんは、ご自身がWellisのタオルを使うだけでなく、会社の方への誕生日プレゼントとしてもWellisのギフトを選んでくださっています。 「会社の人の普段の暮らしって実はそこまで知らないんですよね。だけどせっかくなら暮らしを豊かにするようなものを贈りたい。だけどシャンプーやリンスだと好みの香りもあるし……。そう考えた時に自分はタオル愛がある人間なんだから、納得できるおすすめのタオルを贈るのがいいと考えました」 Wellisをギフトに選ぶ理由をこのようにお話ししてくださいました。 「ギフトで渡した方は、Wellisのタオルの質感にみなさん結構びっくりします。もう5、6人には贈っていると思いますが、『ふかふかすぎて卸せない』なんて言う人もいたくらいです」 ギフトにはナチュラルホワイトかグレーのタオルを選ぶことが多いという望月さん。どんなお部屋にも馴染むナチュラルカラーをチョイスする理由は、受け取った方が毎日使いやすいように、という優しい気遣いから。 「自分で何千円もするタオルを買うのって難しい場合もあるじゃないですか。Wellisのタオルは高級感もあるし、実際に使ってもらって毎日の生活が豊かになったらいいな、という思いで贈っていますね」 「心地よい日々」について 衣食住において「住」を最も重要視しているという望月さんですが、こだわりの家具がある自宅でリラックスしている時や、Wellisのタオルに包まれた瞬間に心地よさを感じているのだそう。そのほか、自然が好きだと語る望月さんは、富士山の麓で友人とご飯を食べる時にも優美さを感じると言います。 一方で、必要なもの以外は買わない、無駄なものを周りに置かないことも徹底してると教えてくださいました。余計なものを買わないからこそ、好きなものやこだわりたいものにお金や時間を当てられる。それが自分自身を労わり、暮らしの心地よさに繋がっているのではないでしょうか。 Wellisと出会い、ようやくタオル探しの旅が終わったと伝えてくれた望月さん。あふれんばかりのタオル愛に貢献できていることを嬉しく思います。これからも、Wellisのアイテムの中ではより良い旅を続けていただけるように、アイテム数やクオリティにこだわり続けていきたい。改めてそう感じました。 執筆:ふじのあやこ編集:Tomomi Fujisawa

もっとみる
タオルを買い替える目安とは?劣化の原因や対策法を紹介

タオルを買い替える目安とは?劣化の原因や対策法を紹介

2023.12.27 | Lifestyle

タオルは日常生活で欠かせないアイテムですが、その寿命や適切な買い替え時期をご存じでしょうか。Wellisでは、1年に1度の買い替えを推奨しています。年末年始や大掃除に向けて、タオルの見直しを行い、新しい一年を気持ちよく迎えましょう。定期的にタオルを買い替え、『優しく美しい肌ざわり』を長く楽しんでみてください。 タオルを定期的に買い替えなければいけないのはなぜ? タオルは長期間使用すると劣化するため、定期的な買い替えが必要です。一般的に、タオルの寿命は「洗濯回数30回」と言われています。洗濯の回数が30回を超えると、タオルの繊維が傷み、吸水性が落ちて肌触りも硬くなってしまうためです。しかし、これはホテルなど、一定のクオリティを保ちサービスを提供する場合の回数であるため、家庭の場合はそれ以上の使用も可能です。使用するタオルの枚数によっても洗濯頻度は異なるので、Wellisでは1年ごとの買い替えをおすすめしています。適切なタイミングでタオルを交換することが、快適な使用感を保つための重要なポイントです。 タオルが劣化する原因 毎日使うタオルは、使えば使うほどパイルが痩せて行くもの。洗濯回数を重ねることで、洗濯物同士のこすれや水流によるダメージも加わり、劣化が進んでしまうのです。また、自宅で洗濯する場合、どうしても洗剤がすすぎきれず繊維に蓄積してしまいます。それらの洗い落とせなかった洗剤、残ってしまった皮脂やたんぱく質は雑菌の栄養源となり、菌を増殖させる原因となります。さらに、タオルを干す際、日差しが強い季節や時間帯で1日中干し続けると、タオルは乾燥しすぎて繊維が硬くなってしまいます。紫外線もタオルの繊維を弱める要因となり、劣化を加速させます。 合わせて読みたい:タオルの肌ざわりを左右する「パイル」って何のこと? 劣化したタオルを使い続けた場合の肌への影響 寿命を迎えたタオルを使い続けると、肌に悪影響を及ぼすことがあります。使用を重ねたタオルの繊維は硬くなり、吸水性が低下します。吸水性が低いタオルで肌を拭くと、どうしても強くこすってしまいがちですが、それが肌の角質層を傷つける原因になることも。肌の角質層は、乾燥や雑菌から身体を守る重要な役割を持っているため、傷つくとその保護機能が低下してしまいます。また、角質層に含まれる天然保湿因子が損なわれると、肌の保湿機能も低下するため、乾燥にも繋がります。そのため、肌に触れるタオルの質感には気をつかい、ごわつきを感じる場合は使用しないほうが良いでしょう。 タオルの買い替えサインの目安 寿命を迎えたタオルには、いくつかの交換サインが現れます。ここでは、タオルの買い替えタイミングについて、詳しく解説します。 1.吸水力が落ちてきたと感じたとき タオルを使い続けて洗濯を重ねると、その繊維は徐々に傷んで固くなります。新品のタオルはパイルがしっかり立っているため、水をよく吸います。しかし、使用と洗濯を繰り返すことでパイルが立ちづらくなり吸水力が低下し、ゴワゴワとした肌触りになります。肌や手を拭いてもすぐに水分が吸収されない、または以前よりも乾きにくくなったと感じたら、そのタオルは買い替え時期を迎えていると考えて良いでしょう。 2.洗ってもニオイが取れなくなったとき タオルから生乾きのような嫌なニオイを感じたら、その原因は雑菌の繁殖であることがほとんどです。雑菌臭が気になったときは、酸素系漂白剤でのつけ置き洗いが効果的です。しかし、ニオイが何度も戻ってしまい、つけ置きしても消えない場合は、買い替えのタイミングです。また、長期間使ったタオルは洗剤のすすぎ残しや汚れが完全に落ちておらず、雑菌が増えてしまうこともあります。洗濯してもニオイが取れなくなったタオルは、衛生上の問題を引き起こす可能性もありますので、新しいタオルへの買い替えをおすすめします。 3.肌触りがゴワついてきたと感じたとき 洗濯を重ねるごとに、タオルのゴワつきが目立ってきます。繰り返し使用したタオルの生地は薄くなり、見た目も肌触りも当初の心地よさが感じられなくなります。顔や肌にタオルを当てた際にふわふわとした肌触りがなくなってきたら、買い替えの目安として覚えておくのも良いでしょう。 4.ほつれや変色などの見た目が変化してきたとき タオルのループ状パイルは、洗濯を繰り返すうちにほつれることがあります。ほつれが見つかった場合は、引っ張らずにハサミで切り取ることをおすすめします。少量のほつれなら切り取った後も使用できますが、ほつれが多くなって目立つようになったら、タオルが寿命を迎えた目安です。また、タオルの変色は寿命を示す明らかなサインです。変色してしまったタオルはすぐに新しいものに交換しましょう。 Wellisがお届けする『優しく美しい肌ざわり』を長く楽しむために。日々のお手入れのコツを紹介 タオルは使い続けていくと洗濯により少しずつ劣化してしまいますが、愛着のあるタオルを少しでも長く大切に使いたいですよね。そんな時、日常のお手入れにちょっとした工夫を加えることで、タオルの寿命を延ばすことができるんです。ここでは、知っておけば役に立つ、タオルを長く使い続けるためのお手入れのコツを紹介します。 タオルはたっぷりの水量で洗濯するのが理想 タオルを洗濯する際は節水モードを避け、ゆっくりと多めの水を使うことが大切です。たっぷりの水量で洗うことで、タオルが洗濯機の中で大きく揺れて広がり、汚れがしっかり落ちやすくなります。また、洗濯物同士の摩擦も減り、タオルの繊維が痛むのを防げます。タオルは汚れだけでなく、毛羽落ちも起こりやすいため、泳ぐように動き回るほどの水量で洗うのが理想的です。 日陰で風通しの良い場所に干すか、乾燥機を使用する 洗濯後にタオルを干す際は、晴れた日でも直射日光を避け、日陰で風通しの良い場所に干すのがおすすめです。紫外線がタオルの繊維を弱め、色あせの原因となるからです。 また、タオルは天然の綿素材でできており、濡れていると強度が低下します。そのため、適度に風を通して乾燥させるのが理想的です。数回に一度乾燥機を使用することも、タオルを長持ちさせる一つの方法です。乾燥機を使うことで、タオルは均等に乾燥し、繊維へのダメージが減ります。また、乾燥機の温風はタオルの繊維をふんわりとさせ、新品の時のような柔らかさと吸水性を保つのに役立ちます。タオルを適切に乾燥させることで、長く快適に使い続けることができるのです。 より快適に使用するために、1年での交換を推奨 タオルには明確な使用期限は設けられていません。しかし、使用と洗濯を重ねるうちに、硬さや匂いが気になり始めた経験をお持ちの方も多いはず。そのため、Wellisでは、タオルは約1年での交換をおすすめしています。実際に、泉州の有名なタオル職人たちも、1年に一度タオルを買い換えているそうです。年末年始や大掃除など、覚えておきやすい時期を交換タイミングにするのもおすすめです。タオルを定期的に新調することにより、いつでも快適な使い心地を実感できるでしょう。合わせて読みたい:おろしたてのような肌心地をいつまでも。タオルのお手入れのコツ クリーニング済みのタオルが3ヶ月ごとに届く「めぐるタオル」サービス 日常生活で使うタオルは、時間とともに柔らかさや吸水性が低下してしまうもの。清潔で肌触りの良いタオルの使用を望むお客様の声にお応えして、Wellisでは「めぐるタオル」の定期リフレッシュサービスを始めました。このサービスでは、新品のような使用感を長く維持するために、タオルの買い替えを自動化し、使い古したタオルは回収します。回収したタオルは再生糸へとリサイクルし、新たなライフスタイル商品へと生まれ変わらせ、お客様にお贈りいたします。めぐるタオルの交換は3か月ごと。サスティナブルな取り組みにより、「いつ買い換えたら良いのだろう」「捨てるのがもったいない」といったお客様のお悩みも解決します。 「めぐるタオル」では、下記プランをご用意しております。・Wellis...

もっとみる
毎日を特別に変えるWellisのタオルケットで一年中快適な肌触りを

毎日を特別に変えるWellisのタオルケットで一年中快適な肌触りを

2023.12.26 | Lifestyle

毎日の快適な眠りをサポートしてくれる寝具。上手に選べている自信はありますか?寝つきが悪くなった。夜中に目が覚めてしまう。眠たいのになかなか眠れないーー。睡眠のお悩みは寝具が大きく関係していると言われています。特に「タオルケット」は、年間を通して使える便利なアイテムですが、選び方によって快適さや睡眠の質が大きく変わってくるのはご存じでしょうか。いざタオルケットを探そうと思っても、「どのタオルケットを選べばいいのかわからない」「湿気の多い暑い日でもサラッと快適に眠れるタオルケットがほしい」「寒い冬にも手軽に使えるタオルケットがなかなか見つからない」「めんどくさいタオルケットの洗濯をなんとかしたい」といったお悩みを持つ方も少なくないでしょう。そんなあなたにおすすめしたいのがWellisのタオルケット。このコラムでは、Wellisのタオルケットがどのようにして快適な睡眠を提供し、日常の小さなストレスやお悩みを解消してくれるのか、特徴を押さえながらわかりやすく解説します。 100%オーガニックコットンを使用した『優しく美しい肌ざわり』のWellisのタオルケット Wellisのタオルケットは、トレーサビリティが確立され、オーガニックの国際認証を取得した糸を採用しています。トレーサビリティとは「その製品がいつ、どこで、だれによって作られたものか」を明らかにし追跡が可能な状態にすること。生産者の顔がきちんと見え、製造元や流通経路が明確になるため、安心感を持って使える点が特徴です。タオルケットの、肌に直接触れるパイル部分には、世界のコットン生産量の中でもわずかしか採れない、貴重な種類であるオーガニックスーピマコットンを100%使用しています。極甘撚りの優しい糸を使用しているため、柔らかく滑らかな質感を実感していただけます。 なぜWellisがオーガニックスーピマコットンを使用しているのか? Wellisがタオルケット開発の際に追求したのは、「夏は暑さのこもらない涼しい快適な睡眠」と「冬は温かさを留めることによる快適な睡眠」でした。つまり、季節を問わず1年中快適な睡眠を提供すること。そのためには、夏は涼しく、冬は暖かいという対照的な使用感を両立させる素材の選定が必要でした。そこで選んだのが「オーガニックスーピマコットン」です。オーガニックスーピマコットンとは、超長綿ならではの光沢感と、肌に吸い付くような綿本来の柔らかさを感じられる極甘撚りのオーガニック糸を指します。繊維が長く、糸の撚りを極限まで甘く仕上げられるため、繊維間にたっぷりと空気を含ませられます。この特性がタオルケットに優れた調湿性と通気性をもたらしてくれ、どんな季節でも快適に過ごせる、肌に優しいWellisのタオルケットが完成しました。 オーガニックスーピマコットンの特徴 オーガニックスーピマコットンは、正しくは、スーピマコットンを略したもの。スーピマコットンは、Superior Pima(高級ピマ)を略したもので、コットン界のカシミヤとも呼ばれるほどの最高品種。コットンのなかでも繊維が長い、「超長綿」に分類され、地球上の綿花のうち、たった数%しか生産できないという希少価値を持ちます。さらに、一般的なコットンの繊維は約15mmに対して、オーガニックスーピマコットンは30mm以上もの長さを誇ります。繊維が長いほど肌ざわりが滑らかで糸の強度が高くなるため、オーガニックスーピマコットンで織られたアイテムは、高級品として認識価値が高まるのです。その長く繊細なオーガニックスーピマコットンで織ったWellisのタオルケットは、まるで雲のような肌ざわり。極甘撚りの糸が作り出す光沢と、肌にそっと寄り添うような柔らかさが魅力です。 Wellisのタオルケットは高級感のあるアイテム Wellisのタオルケットが高級感にあふれている理由は、試行錯誤を重ねた緻密な織りの設計と職人の技術にあります。タオルケットにも採用しているオーガニックスーピマコットンは、柔らかく肌ざわりの良さが特徴ですが、繊維が細くて長いため、そのぶん織ることがとても難しい糸といわれています。その糸を使い肌ざわりの良い高級なタオルケットを作るために、日本最高峰の技術を持つ泉州の熟練職人たちと、試行錯誤を重ねました。緻密な織りの設計と職人の技術を掛け合わせ、その結果生まれたのは、軽くて滑らかな質感と触れるたびに感じる優しい肌ざわり。さらに、通常のタオルケットよりも1.5倍もの厚みを持たせ、高級感あふれる仕上がりに。こうしてできあがったのが、ボリュームがあるのに軽く、うっとりするほど滑らかな肌ざわりが特徴のタオルケットです。見た目だけでなく機能性も抜群のWellisのタオルケットは、高級でありながら、自宅でも洗濯と乾燥ができます。毛足が長くても、ほつれや糸ひきにも強い設計のため、日々のお手入れも簡単で、洗濯のお悩みからも解放されます。 夏と冬、季節問わず1年を通して使用できる Wellisのタオルケットは「夏は涼しく、冬は暖かい」を叶えてくれて、オールシーズン快適に使える万能アイテム。一般的なタオルケットと比べて、調温性と通気性に優れているのが特徴です。通気性に優れているため、夏の暑い夜にはタオルケットが掛け布団の代わりとなり、涼しさと快適さを提供します。1枚かけるだけで、クーラーの冷えからも守ってくれます。冷え込んだ冬の夜には、その調温性の高さを活かし羽毛布団の下に使うことで、暖かさをプラスオン。さらに、Wellisのタオルケットは一般的なシングルサイズを上回る大きさで設計されているため、寒い冬でもゆったりと体を包み込んでくれ、心地よい眠りへと誘います。Wellisのタオルケットが肌に触れるたびに感じる優しさと軽やかなボリューム感は、まさに心地良さの極み。夏の蒸し暑さの中でもサラリと快適に、そして冬の冷たい夜には温かく、一年中どんな季節でも寄り添ってくれます。心が満たされるような温もりと『優しく美しい肌ざわり』を実感いただけるはず。心地よい眠りのために、Wellisのタオルケットがもたらす幸せを、ぜひ感じてみてください。

もっとみる
Wellisのクリスマスギフトで大切な人を優しく包みこむ

Wellisのクリスマスギフトで大切な人を優しく包みこむ

2023.12.15 | Gift

クリスマスツリーにかかった赤や緑のオーナメントや、いつもよりきらめく街並みに心が弾む季節。そんな心躍るホリデーシーズン、大切な人へ贈るクリスマスギフトはもうお決まりですか?今年のクリスマスは、パートナーや友人、家族へのクリスマスプレゼントに、あなたの暖かな気持ちも一緒に包み込む贅沢なタオルを贈ってみてはいかがでしょうか。 クリスマスにおすすめのWellisのギフトセット Wellisでは、クリスマスの季節にぴったりのギフトセットを豊富に取り揃えています。2色や4色アソートのギフトセットもあり、クリスマスらしいカラフルな色の組み合わせをお楽しみいただけます。また、Wellisのタオルは肌や環境のことを考え素材にこだわったタオルで、 優しくやわらかな肌ざわり、きめ細やかな美しい風合い、吸水性があるというタオルの本質にもこだわり、泉州でも希少な技術を持つタオル職人と共に開発しました。 年に一度のクリスマスには想いのあるものを贈りたい。そんな方にWellisのタオルギフトはおすすめです。 Wellisタオルの環境や糸へのこだわりについてはこちら。Wellisタオルの産地についてはこちら。 暖かみのあるボルドーカラーのギフトセット クリスマスギフトに、いつもとは違う特別な色を選びたい方には、Wellisの暖かみのあるボルドーカラーのギフトセットがおすすめです。日頃、インテリアに溶け込む色を選んでいる方も、ホリデーシーズンは少し気分を変えて、華やかで深みのある赤色のボルドーを取り入れてみてはいかがでしょうか。Wellisのボルドーカラーは、その深みと上品さが際立つ赤。お部屋に一枚加えるだけで空間が一気に華やかになり、クリスマスらしさがぐっと高まります。家の中だけでなく外出のおともにボルドーのタオルハンカチを選べば、美しい赤がカバンの中で見え隠れするたびにホリデー気分を味わえます。温もりあふれるボルドーカラーは、ホリデーシーズンの贈り物にぴったりです。クリスマスにおすすめのギフトセットはこちら。 冬のおうち時間を優しく包み込むブランケットのギフトセット 冬の夜、ふわりと包まれる暖かさは、心地よい眠りへと誘います。そんな理想を形にしたのが、Wellisのブランケットです。Wellisのブランケットは調湿性と通気性に優れており、季節を問わず1年中快適に使用できます。トレーサビリティ可能な最高級のスーピマオーガニックコットンを使用し、『優しく美しい肌ざわり』を実現しました。一般的なタオルケットの150%の厚があり、ふわっとした見た目が特徴。ボリュームがありながらも軽やかな質感です。特殊なイタリア製レピア織機で織られているため、耐久性にも優れ長く愛用できる点も魅力です。リビングにさりげなく置いてあるだけで空間に暖かみを添えられるほか、寝室で使えば眠りにつく瞬間を、より心地の良いものにしてくれるでしょう。Wellisでは、ブランケットギフトセットとして、下記の2種類を用意しています。・【30%off SALE】ブランケット 24,200円(税込)・【30%off SALE】ブランケット2枚セット(2色)47,850円(税込) Wellisのブランケットは、冬のおうち時間をより暖かく、そして特別なものに変えてくれるおすすめのギフトセットです。睡眠時間や休憩タイムのおともに、リビングでも寝室でも堪能できる暖かい幸せは、もらえると嬉しいクリスマスギフトのひとつといえるでしょう。 Wellis × WELLmarkのコラボレーションギフト Wellisは2023年12月1日より、オランダ生まれのヴィーガン日用品ブランド「WELLmark」とのコラボギフトセットの販売を開始しました。Wellisでは『優しく美しい肌ざわり』を追求し、サスティナブルコットンを採用したタオルや100%オーガニックにこだわった商品など、日々の暮らしに寄り添うタオル類を丁寧に作り上げてきました。 Wellis初のコラボレーションとなる、WELLmarkは、今年7月に日本に初上陸した、「いい製品とは、あなたとあなたの周り、そして環境に、全てにとっていいもの」という想いから、2017年にオランダで生まれたホームケアブランドです。リサイクルガラスのボトルを使用し、ウィットに富んだメッセージで日常に小さな楽しさをもたらす製品を提供しています。Wellisのタオルは、優しく柔らかい肌ざわり、美しい風合い、そして優れた吸水性にこだわり、泉州でも希少な技術を持つタオル職人と共に開発しています。試行錯誤を重ねながら生まれたのが「ふわり舞い上がる軽さ、包み込むやわらかさ、肌になじむ優しさ」がそろった究極のタオルです。Wellis × WELLmarkのコラボレーションギフトとして下記の6種類を用意しています。 ・【限定コラボ】フェイスタオル+Bath Salt 6,472円(税込)・【限定コラボ】ウォッシュタオル2枚+Hand Soap 8,272円 (税込)・【限定コラボ】フェイスタオル+Hand Lotion 8,525円(税込)・【限定コラボ】フェイスタオル+Hand Soap 8,195円(税込)・【限定コラボ】バスタオル&フェイスタオル+Bath Soap 15,345円(税込)・【限定コラボ】フェイスタオル2枚+Hand Soap...

もっとみる
大切な人を祝う時に贈りたい。Wellisのギフトセット

大切な人を祝う時に贈りたい。Wellisのギフトセット

2023.11.29 | Gift

結婚祝いや出産祝いなど、人生の中には多くの節目があります。大切な人の節目を祝う時、あなたなら何を選びますか? この記事では、タオルギフトの歴史や、タオルを贈る際に込められた意味を紹介します。大切な方にタオルギフトを贈りたいと考えている方は、ぜひ最後までご覧ください。 心をこめた贈り物として、『優しく美しい肌ざわり』のWellisギフトセットを選んでみてはいかがでしょうか。 なぜタオルをギフトに選ぶのか? タオルをギフトとして選ぶ理由には、深い歴史と意味があります。 糸を紡いで作られるタオルには、「縁を結ぶ」という意味が込められています。そのため、良好な人間関係を深め築きたいと思う相手への縁起の良い贈り物として、特に相応しいと考えられてきました。 さらに歴史は江戸時代にまで遡ります。もともとは歌舞伎役者が感謝の気持ちを込めて贔屓筋(ひいきすじ)へ、家紋やトレードマークを染めた手ぬぐいを贈っていたのが始まりだと言われています。この手ぬぐいは、感謝の気持ちを示すほか、名刺のような役割も果たしていました。この習慣はまたたく間に商人たちの間にも広がりをみせます。その後、時が経ちライフスタイルが変容するにつれ、手ぬぐいよりも時代に合ったタオルを贈るケースが増えたのです。 こうした理由から、タオルは感謝やつながりを示すギフトとして多くの人に選ばれています。 タオルを贈る際に込められた意味 タオルをプレゼントとして贈ることには、3つの意味があるとされています。ここでは、それぞれの意味を紹介します。 1.人との縁をつなぐ タオルは糸を紡いで作られる布製品であり、その糸は人々の繋がりや絆を象徴するものです。「運命の赤い糸」という言葉があるように、人の縁は糸で例えられることが多いもの。タオルも例外ではなく、「人の縁をつなぐ」という縁起の良い意味が込められています。特に、新しい人間関係が始まる結婚祝いや出産祝いなどの場面で、タオルは繋がりを祝うギフトとして好まれてきました。 2.悪いことは続かない 日常生活の中で欠かせないタオルは、使い続けるうちに少しずつ劣化していきます。この特性から、タオルは「あとに残らない」という考えや、「いずれは取り替える=悪いことは続かない」という意味合いが込められるようになりました。特に特に、快気祝いのように回復を祝うシーンでは、この意味がお相手に届くことでしょう。心地よくない環境から再出発する場面では、この意味が深く響くものとなっています。傷んだタオルが新しく交換される様子は、人々の中で「循環する」といったポジティブなイメージと結びつき、悩みや苦しみもいつかは終わるという希望を表す贈り物として選ばれているのです。 3.嫌なことを水に流す タオルは入浴後や手洗いのあと、汗を拭き取るシーンで使われることが多く、その使用目的から「嫌なことを水に流す」という意味が込められています。タオルで水や汚れを吸い取ることは、嫌なことがさっぱりとリセットされ新しいスタートを切る様子に似ています。そのため、病気やけがからの回復や退院祝いなどのシーンにおいて「嫌なことは水に流す」という意味を込めて贈られます。 Wellisのタオルの特徴 Wellisのタオルは、日本のタオルの二大産地の1つである大阪府の泉州で織られています。泉州は130年を超える歴史を持つ日本のタオル発祥の地でもあり、普段使いに最適なタオル作りが得意な産地です。Wellisのタオルは通常のタオル類よりも良質な甘撚り(あまより)の糸が使用されており、日本最高峰の技術を持つ熟練の職人たちの手によって、一枚一枚丁寧に織られています。糸のねじれが少ないため繊維の間に空気を多く含みやすく、ふわふわとした質感が特徴的です。また、調湿性と通気性に優れ、季節を問わず1年中快適に使用できます。繊細な細い糸と天然素材での加工、オーガニックの国際認証を取得したコットン糸の使用により、肌に触れた時、包み込まれた時に『優しく美しい肌ざわり』を実感できます。ナチュラルホワイト、グレー、ネイビー、ボルドーの4色展開で、インテリアのように選べるため、贈りものにも最適です。 Wellisおすすめのギフトセット ここでは、Wellisおすすめのギフトセットを紹介します。さまざまなシーンに合わせたギフトセットをそろえているので、贈る相手や目的にぴったりのタオルを見つけられるでしょう。 結婚祝い 新婚の夫婦にとって、新生活を始める上で使い勝手の良いこだわりのある高品質のブランドタオルなどは、特に喜ばれるギフトとなるでしょう。タオルの種類は豊富で、大きさや素材によって価格帯が異なります。結婚祝いとしてのタオルギフトの一般的な金額相場は、3,000円〜20,000円程度と幅が広め。贈る相手との関係性を考慮し、適切な金額帯のものを選ぶことが大切です。目安は兄弟・姉妹は5,000円〜20,000円、親戚・いとこは5,000円〜15,000円、友人・会社関係が3,000円〜10,000円ほど。関係性が浅い場合や、長い間会っていない親戚などへのギフトとしても、タオルは選びやすく、また喜ばれるアイテムと言えるでしょう。Wellisでは、結婚祝いのギフトセットとして下記の3種類を用意しています。 ・バスタオル2枚セット(2色)14,300円(税込)・バスタオル2枚・フェイスタオル4枚セット(2色)30,250円(税込)・ブランケット2枚セット(2色)67,650円(税込) 夫婦2人で使うことを考慮し、すべて2枚以上のセットになっています。また、4色の中から好きな色をピックアップできるため、、贈る相手のイメージに合う色を想像しながらお選びいただけます。結婚祝いギフトセットはこちら。 出産祝い 出産を迎える家庭に、タオルギフトが選ばれるケースが少なくありません。赤ちゃんにとって、タオルはお風呂上りの体を拭くだけでなく、お昼寝時のブランケットやオムツ替えの敷物としても活躍します。外出時の防寒対策としても役立つため、何枚あっても困らないと言われるほど。タオルは赤ちゃんの生活に欠かせないアイテムなのです。出産祝いのタオルギフトの相場は、贈る相手との関係性によって変わります。友人や知人へは3,000円〜10,000円、家族や親しい親族へは10,000円〜30,000円が目安です。仕事関係で贈る場合、同僚へは3,000円〜5,000円、上司へは5,000円〜10,000円が適切な金額と言われています。Wellisでは、出産祝いのギフトセットとして下記の3種類を用意しています。 ・ウォッシュタオル4枚セット 8,470円(税込)・バスタオル2枚セット 14,300円(税込)・ブランケット 34,100円(税込)...

もっとみる
タオルの肌ざわりを左右する「パイル」って何のこと?

タオルの肌ざわりを左右する「パイル」って何のこと?

2023.11.15 | Other

よく耳にする「パイル」。 タオル以外にも、様々な衣類に採用されていて、誰でも一度は聞いたことがある名前。パイル生地のタオルは、タオルの中で最もポピュラーで、ふわりとした優しい肌ざわりと高い吸水性が特徴です。 この記事では、パイルの特徴についてご紹介します。 パイルとは?  パイルとは織り方の種類のことで、生地の表面に並んでいる丸いループ状の毛足の糸のことを指しています。丸いループは英語でパイル(pile)と呼ばれていることから、日本でもパイルと言われるようになりました。 パイルには大きく「ループパイル」と「カットパイル」の2種類があります。 毛足が輪っか状態につながっているものを「ループパイル」 毛足の輪っかを平らに切り揃えたものを「カットパイル」 「ループパイル」はパイル生地と呼ばれています。よく目にするタオルの生地がこのパイル生地で作られています。パイルが長ければ長いほど、柔らかくて肌ざわりが良いと言われていて、ループの一つひとつがしっかり水分を絡めとってくれるので、吸水性が高いのが特徴です。 また、ループが空気の層をつくり出してくれるので、保湿性が高まり、パイルの長さや糸の太さ、生地の厚みなどを変えることで、保温性を調整することができます。パイルの特性を生かして、シーズンに合わせてタオル以外にも様々なパイル生地の製品が生まれています。 「カットパイル」はシャーリング生地と呼ばれています。パイル生地にひと手間加えることで、出来上がるシャーリング生地は、肌ざわりが滑らかなのが特徴です。表面の凹凸が少なく、タオル全体にきれいにプリントを施せるため、プリントタオルなどに多く採用されています。   Wellisは15mmのロングパイルを採用しています 肌と直接触れ合うパイルだからこそ、肌への優しさを考えたWellis。Wellisのタオルはパイル生地(ループパイル)で作られています。優しさを叶えるには、ロングパイルと甘撚り糸が必要でした。甘撚り糸はとても繊細なので糸が切れないように織るのがとても難しく、そのうえ、ロングパイルを実現するには泉州の熟練の職人技術でなければ織ることができませんでした。 試行錯誤を重ね、細い甘撚糸で織り密度をあげることに成功し、パイルの数を増やすだけでなく、パイルを15mmと限界まで長くすることにも成功しました。また、一般的なタオルのパイルの割合はタオル全体の6割あれば多いと言われていますが、Wellisのタオルはパイルの数とロングパイルのおかげで、パイルの割合が74%を占めています。 「ロングパイル×甘撚り糸」という奇跡の組み合わせが叶ったおかげで、きめ細かな美しい風合いの見た目からは想像できない軽さを実現。また、ロングパイルでパイル数が多いWellisのタオルはより柔らかく、すっと滑らすだけでも水気を優しく吸い取ってくれる、肌に優しい吸水性の高いタオルです。吸水性だけでなく、吸水量も多いので、タオルの本質にも応えたタオルになりました。 他にはない、パイルへのこだわりにWellisタオルの肌への優しさへの秘訣が詰まっています。 甘撚り糸については、「思わず頬ずりしたくなる甘撚り糸って何のこと?」で詳しくご説明していますので、ご覧ください。

もっとみる
思わず頬ずりしたくなる甘撚り糸のタオル。そもそも甘撚りって何?

思わず頬ずりしたくなる甘撚り糸のタオル。そもそも甘撚りって何?

2023.11.15 | Other

枕にタオルを巻いて寝ているという人も多いはず。 Wellisのタオルは甘撚りの糸を使用して織られているから、とてもふわふわで肌にも優しい。Wellisのタオルを枕に巻くと、枕カバーや他のタオルを巻いている時には感じられない幸福感を寝ている間も感じられます。それは甘撚りのタオルだからこそ感じることができるんです。 そもそも甘撚りって何?と思いながらタオルを選んでいませんか。タオルへの知識が増えると、肌への優しさやタオルの特徴を理解しながらタオル選びを楽しむことができます。 この記事では、そんな糸の撚り(甘撚り)ついてご紹介します そもそも撚りとは?撚りの種類と強さについて 「撚る(よる)」とは、ねじりあわせることで、タオルを織る前の素材となる糸は、綿の繊維をねじりあわせてできています。糸は撚るほど強度が増し、撚りの少しの回数の差で全く 異なる糸になります。撚りの回数が多いのか少ないのかは、1mあたりの撚りの回数で判断されていて、撚りの回数が少ないものを『甘撚り』、回数が多いものを『強撚糸』と言います。また、撚りのほどんどない糸のことを『無撚糸』と言います。 甘撚り甘撚りの糸はタオルを織る際に切れてしまわない程度の回数の撚りをかけている糸です。撚り回数を少なくすることで、柔らかくてふわふわな肌ざわりのタオルになります。普通糸より撚りが少ないため、繊維同士の隙間が増え、ボリュームのあるタオルになるのが特徴です。撚りが甘い分、毛羽が少し出てしまうこともあります。 強撚糸撚りの回数が1mあたり1000回以上撚られたものが強撚糸と言われています。強撚糸はタオルにはあまり使われない糸です。撚りが強ければ繊維の強度が増し、硬くて細い糸になります。ハリとコシがあるのが特徴で、通気性も良いので夏用の衣類などに多く採用されています。 無撚糸糸を全く撚らない無撚糸の糸がもっとも柔らかいとされていますが、撚りが少ない分吸水性は高いが、撚りが少ない分耐久性は低く、毛羽も出やすい少しデリケートなタオルです。近年では化学薬品を使っていない、無撚糸のタオルも発売されていますが、一般的には化学薬品が使われています。 Wellisでは甘撚りの糸を採用しています タオルづくりにおいて糸は、肌ざわりを左右する重要なものです。Wellisでは綿本来のやわらかさをタオル全体で感じていただける、甘撚りの糸を採用しました。日々、タオルを使うたびにやわらかくて優しい肌ざわりを感じていただけるはずです。   甘撚りの糸は撚りが甘く、タオルを織る際に切れてしまうほどですが、Wellisでは”細さ”も追求。より繊細な糸でタオルを織ることで「優しい肌ざわり」を追求しました。通常のタオルは20番手の糸で織られる事が一般的ですが、Wellisのタオルはその半分の細さの40番手の細い糸で織られています。 甘撚りの繊細な細い糸で作られた、最高品質のタオルをお客様に届けるために、長年、泉州のタオル職人と試行錯誤を重ねて開発したのがWellisの「優しく美しい肌ざわり」のタオルです。 思わず頬ずりしたくなるほどのWellisの甘撚りの繊細な糸で織られたタオルを一度お試しください。

もっとみる
【USER VOICE】贅沢なタオルの心地よさを実感|手作り石けん教室主宰浜口みゆきさん

【USER VOICE】贅沢なタオルの心地よさを実感|手作り石けん教室主宰浜口みゆきさん

2023.11.08 | UserVoice

あなたにとって「心地よい日々」とは?そう問われたら、なんて答えるでしょうか。趣味の時間を大切にすること、心惹かれるものを選ぶこと、好きな人たちと過ごす時間を大切にすること…問いかけた人の数だけ多様な答えがありそうです。私たちは、「優美で心地よい日々に~Graceful touch in everyday moments」をコンセプトに、くらしをより良くできる商品を提案したいと立ち上がりました。この連載では、Wellisのアイテムを愛用するみなさんと語り合い、時代とともに変わりゆく「心地よい日々」について考える機会をお届けしていきます。第2回目は、3ヶ月に一度タオルが届く“めぐるタオル”のモニターである浜口さん。手作り石けん教室を主宰し、自身も敏感肌で美容感度が高く、肌に触れるものにもこだわっています。そんな浜口さんに、Wellisのタオルをくらしの中でどのように使い分けているのか、またタオルとスキンケアについても聞いてみました。 『優しく美しい肌ざわり』に惹かれて 浜口さん一家は4人家族で、2人の息子さんを含めた全員がスポーツをしています。部活の練習などでタオルがすぐに汚れてしまうことも多く、高級で贅沢なタオルは必要ないと思っていました。そんなとき、InstagramでWellisの“めぐるタオル”と出会います。「タオルを定期的に回収する」という“めぐるタオル”ならではのサービスを初めて知り、どのようなものか知りたいという思いから応募を決めたそう。初めてWellisのタオルに触れた時の印象を聞くと、こう答えてくれました。「肌を擦らなくても、タオルを肌にあてるだけで水分を全部吸い取ってくれる感じがしました。ふわふわなだけじゃなくて、吸水力もすごい。こんな感覚のタオルは初めて使ったので、すごく贅沢なタオルだと感じました」ご家族の間でも「これ使ってみて。使い心地が違うよね!」などと会話をしながら、吸水性の良さと、優しい肌ざわりを実感していただいているとのことでした。 体をふわりと包み込む瞬間にも幸福感を 今回浜口さんにお届けしたのは、めぐるタオルのシングルプラン。フェイスタオル2枚とバスタオル2枚の計4枚が届くプランです。サイズの違うタオルの使い分けや、それぞれの使用感を聞いてみました。「フェイスタオル2枚とバスタオル1枚はお風呂上がりに使っています。朝、新しいタオルをだして顔を洗って、そのままかけておく。夜は、お風呂上がりにそれで全身を拭いて洗濯機に入れています」普段からお風呂上がりに体を拭く時は、バスタオルよりもフェイスタオルを好んで使っている浜口さん。一般的なサイズより一回り大きいWellisのフェイスタオルのサイズが、ミニバスタオルとしてコンパクトに使えてちょうど良いと語ってくれました。「バスタオルは、羽織った時に全身がふわりと包み込まれるような感覚があります。すごくリッチですよね。ふわふわなのにかさばらないところも気に入っています。普通のバスタオルは大きいので洗濯が大変なのですが、Wellisのバスタオルは重くなくて乾きやすい。洗濯もしやすくて助かっています」もう1枚のバスタオルは枕カバーとして使用されているそう。その理由を続けます。「枕カバーも使用していますが、そこに直接寝るよりはタオルを巻いた方が心地よいからです。肌あたりが柔らかくて優しいので、寝ていて気持ちが良いんですよね。肌もガサガサしないというか。それに、タオルであれば洗濯も頻繁にできて清潔ですよね。寝ている間にも汗や皮脂で枕は汚れてしまうので、枕カバーやその上に敷くタオルを定期的に洗濯することは、肌を清潔に保てるかなと。それが肌荒れ防止や美肌につながるのではないかなと。肌が調子がいいと気分がいいですよね清潔で肌にやさしいタオルを使うこともスキンケアのひとつのように思っています」Wellisが届ける優しく美しい肌ざわりが睡眠時の環境を整える一部となり、それが浜口さんの「心地よい日々」へと繋がっているのかもしれません。 肌をいたわるために使いたいWellisのタオル 浜口さんがWellisのタオルを使ってみて特に気に入っているポイントは、その肌心地、吸水性、そして軽さです。ご自身を敏感肌だと語る浜口さんは、スキンケア時に「擦らないこと」を日頃から大切にしているのだそう。「お肌はなるべく擦らないように意識しています。摩擦は良くないと思いますし。その点、Wellisのタオルは柔らかいので安心して顔にも使えます。そしてやっぱり、ふわふわの肌心地のよさがお気に入りです」タオルで拭くときに生じる摩擦は肌を傷つける恐れもあり、それが肌荒れの原因となることも。スキンケアの観点でも摩擦を避けることは重要なポイントです。肌を大切にいたわるためにもタオル選びはとても大切だと実感した浜口さんは、お友達や主催する石けん教室の生徒さんにも良いタオルを使うことをおすすめしたといいます。 心地よいと感じるものを、自分のために Wellisは『優しく美しい肌ざわり』の探求から、『優美で心地よい日々』をお届けするブランド。浜口さんにとっての優美な時間や、幸せを感じる瞬間を教えてもらいました。「子供も大きくなったので、一人でお風呂にゆっくり入れる時間や、楽しめる瞬間が増えました。自分のために時間を使えることが優美な時間だと思います。お風呂上がりにタオルに包まれる感覚にも幸せを感じています」ご自身の感覚と向き合いながら「良いものを選んで使う」ということに満足感を得ている浜口さん。これからも、何をどう選んでいくかを大切にし、自分が心地よいと感じるものを選んでいけるようになりたいと答えてくれました。「石けんやタオルのような身近なものは、選び方1つで心地良さや生活の満足度が変わると思います。これからも自分が心地いいと思えるものを選んでいきたいです」肌が弱かったことがきっかけで始めた石けん教室も、肌に触れるものにはこだわっていきたいとの思いがあったから。人一倍高い美容感度をキープしながら日々を暮らしている浜口さんのそばに、Wellisのタオルがあることを嬉しく思いました。日常的に使用するものをどう選ぶかで、生活の豊かさや満足度が少しずつ積み重なり変わっていき、「心地よい日々」につながります。これからもWellisのタオルが、浜口さんの日常を彩る大切なパートナーでありますように。   写真提供:浜口みゆき執筆:大槻今日子編集:Tomomi Fujisawa

もっとみる