TOP JOURNAL タオルを買い替える目安とは?劣化の原因や対策法を紹介
タオルを買い替える目安とは?劣化の原因や対策法を紹介
2023.12.27 | Lifestyle
タオルを買い替える目安とは?劣化の原因や対策法を紹介
目次

タオルは日常生活で欠かせないアイテムですが、その寿命や適切な買い替え時期をご存じでしょうか。

Wellisでは、1年に1度の買い替えを推奨しています。年末年始や大掃除に向けて、タオルの見直しを行い、新しい一年を気持ちよく迎えましょう。

定期的にタオルを買い替え、『優しく美しい肌ざわり』を長く楽しんでみてください。

タオルを定期的に買い替えなければいけないのはなぜ?

タオルは長期間使用すると劣化するため、定期的な買い替えが必要です。

一般的に、タオルの寿命は「洗濯回数30回」と言われています。洗濯の回数が30回を超えると、タオルの繊維が傷み、吸水性が落ちて肌触りも硬くなってしまうためです。しかし、これはホテルなど、一定のクオリティを保ちサービスを提供する場合の回数であるため、家庭の場合はそれ以上の使用も可能です。使用するタオルの枚数によっても洗濯頻度は異なるので、Wellisでは1年ごとの買い替えをおすすめしています。適切なタイミングでタオルを交換することが、快適な使用感を保つための重要なポイントです。

タオルが劣化する原因

毎日使うタオルは、使えば使うほどパイルが痩せて行くもの。洗濯回数を重ねることで、洗濯物同士のこすれや水流によるダメージも加わり、劣化が進んでしまうのです。

また、自宅で洗濯する場合、どうしても洗剤がすすぎきれず繊維に蓄積してしまいます。それらの洗い落とせなかった洗剤、残ってしまった皮脂やたんぱく質は雑菌の栄養源となり、菌を増殖させる原因となります。
さらに、タオルを干す際、日差しが強い季節や時間帯で1日中干し続けると、タオルは乾燥しすぎて繊維が硬くなってしまいます。紫外線もタオルの繊維を弱める要因となり、劣化を加速させます。

劣化したタオルを使い続けた場合の肌への影響

寿命を迎えたタオルを使い続けると、肌に悪影響を及ぼすことがあります。

使用を重ねたタオルの繊維は硬くなり、吸水性が低下します。吸水性が低いタオルで肌を拭くと、どうしても強くこすってしまいがちですが、それが肌の角質層を傷つける原因になることも。

肌の角質層は、乾燥や雑菌から身体を守る重要な役割を持っているため、傷つくとその保護機能が低下してしまいます。また、角質層に含まれる天然保湿因子が損なわれると、肌の保湿機能も低下するため、乾燥にも繋がります。

そのため、肌に触れるタオルの質感には気をつかい、ごわつきを感じる場合は使用しないほうが良いでしょう。

タオルの買い替えサインの目安

寿命を迎えたタオルには、いくつかの交換サインが現れます。ここでは、タオルの買い替えタイミングについて、詳しく解説します。

1.吸水力が落ちてきたと感じたとき

タオルを使い続けて洗濯を重ねると、その繊維は徐々に傷んで固くなります。

新品のタオルはパイルがしっかり立っているため、水をよく吸います。しかし、使用と洗濯を繰り返すことでパイルが立ちづらくなり吸水力が低下し、ゴワゴワとした肌触りになります。

肌や手を拭いてもすぐに水分が吸収されない、または以前よりも乾きにくくなったと感じたら、そのタオルは買い替え時期を迎えていると考えて良いでしょう。

2.洗ってもニオイが取れなくなったとき

タオルから生乾きのような嫌なニオイを感じたら、その原因は雑菌の繁殖であることがほとんどです。

雑菌臭が気になったときは、酸素系漂白剤でのつけ置き洗いが効果的です。しかし、ニオイが何度も戻ってしまい、つけ置きしても消えない場合は、買い替えのタイミングです。

また、長期間使ったタオルは洗剤のすすぎ残しや汚れが完全に落ちておらず、雑菌が増えてしまうこともあります。洗濯してもニオイが取れなくなったタオルは、衛生上の問題を引き起こす可能性もありますので、新しいタオルへの買い替えをおすすめします。

3.肌触りがゴワついてきたと感じたとき

洗濯を重ねるごとに、タオルのゴワつきが目立ってきます。繰り返し使用したタオルの生地は薄くなり、見た目も肌触りも当初の心地よさが感じられなくなります。
顔や肌にタオルを当てた際にふわふわとした肌触りがなくなってきたら、買い替えの目安として覚えておくのも良いでしょう。

4.ほつれや変色などの見た目が変化してきたとき

タオルのループ状パイルは、洗濯を繰り返すうちにほつれることがあります。ほつれが見つかった場合は、引っ張らずにハサミで切り取ることをおすすめします。少量のほつれなら切り取った後も使用できますが、ほつれが多くなって目立つようになったら、タオルが寿命を迎えた目安です。

また、タオルの変色は寿命を示す明らかなサインです。変色してしまったタオルはすぐに新しいものに交換しましょう。

Wellisがお届けする『優しく美しい肌ざわり』を長く楽しむために。日々のお手入れのコツを紹介

タオルは使い続けていくと洗濯により少しずつ劣化してしまいますが、愛着のあるタオルを少しでも長く大切に使いたいですよね。そんな時、日常のお手入れにちょっとした工夫を加えることで、タオルの寿命を延ばすことができるんです。

ここでは、知っておけば役に立つ、タオルを長く使い続けるためのお手入れのコツを紹介します。

タオルはたっぷりの水量で洗濯するのが理想

タオルを洗濯する際は節水モードを避け、ゆっくりと多めの水を使うことが大切です。たっぷりの水量で洗うことで、タオルが洗濯機の中で大きく揺れて広がり、汚れがしっかり落ちやすくなります。

また、洗濯物同士の摩擦も減り、タオルの繊維が痛むのを防げます。タオルは汚れだけでなく、毛羽落ちも起こりやすいため、泳ぐように動き回るほどの水量で洗うのが理想的です。

日陰で風通しの良い場所に干すか、乾燥機を使用する

洗濯後にタオルを干す際は、晴れた日でも直射日光を避け、日陰で風通しの良い場所に干すのがおすすめです。紫外線がタオルの繊維を弱め、色あせの原因となるからです。

また、タオルは天然の綿素材でできており、濡れていると強度が低下します。そのため、適度に風を通して乾燥させるのが理想的です。

数回に一度乾燥機を使用することも、タオルを長持ちさせる一つの方法です。乾燥機を使うことで、タオルは均等に乾燥し、繊維へのダメージが減ります。また、乾燥機の温風はタオルの繊維をふんわりとさせ、新品の時のような柔らかさと吸水性を保つのに役立ちます。

タオルを適切に乾燥させることで、長く快適に使い続けることができるのです。

より快適に使用するために、1年での交換を推奨

タオルには明確な使用期限は設けられていません。しかし、使用と洗濯を重ねるうちに、硬さや匂いが気になり始めた経験をお持ちの方も多いはず。そのため、Wellisでは、タオルは約1年での交換をおすすめしています。

実際に、泉州の有名なタオル職人たちも、1年に一度タオルを買い換えているそうです。年末年始や大掃除など、覚えておきやすい時期を交換タイミングにするのもおすすめです。

タオルを定期的に新調することにより、いつでも快適な使い心地を実感できるでしょう。

クリーニング済みのタオルが3ヶ月ごとに届く「めぐるタオル」サービス

日常生活で使うタオルは、時間とともに柔らかさや吸水性が低下してしまうもの。清潔で肌触りの良いタオルの使用を望むお客様の声にお応えして、Wellisでは「めぐるタオル」の定期リフレッシュサービスを始めました。

このサービスでは、新品のような使用感を長く維持するために、タオルの買い替えを自動化し、使い古したタオルは回収します。回収したタオルは再生糸へとリサイクルし、新たなライフスタイル商品へと生まれ変わらせ、お客様にお贈りいたします。

めぐるタオルの交換は3か月ごと。サスティナブルな取り組みにより、「いつ買い換えたら良いのだろう」「捨てるのがもったいない」といったお客様のお悩みも解決します。

「めぐるタオル」では、下記プランをご用意しております。

・Wellis Single Plan/月額3,000円
1人暮らしの方でも負担の少ない月支払いで、Wellisの「優しく美しい肌ざわり」をお楽しみいただけるプランです。
セット内容:バスタオル2枚・フェイスタオル2枚

・Wellis Couple Plan/月額5,500円(税込)
ご夫婦やカップルにおすすめなプランです。
セット内容:バスタオル4枚・フェイスタオル4枚

・Wellis Family Plan/月額9,500円(税込)
Wellisのタオルで大切なご家族の肌を包み込める、3人〜5人家族にぴったりなプランです。
セット内容:バスタオル8枚・フェイスタオル8枚

※すべてのプランは、2年コースのみの取り扱いです。

▼”めぐるタオル”はこちら
https://wellis.jp/pages/subscription

タオルは、日々の使用で知らず知らずのうちに痛んでしまうもの。しかし、ちょっとしたお手入れに気を配ることで、その寿命をぐっと延ばすことができます。

また、定期的に新しいタオルに買い換えることも、タオルの触り心地を快適に保つための大切なポイントです。

意識的にケアすることで、『優しく美しい肌ざわり』を長持ちさせ、毎日の暮らしを豊かにしてくれるでしょう。日々のお手入れが難しい方は、Wellisの「めぐるタオル」におまかせください。

1 8